2022年 ジャパンカップ(G1) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったシャフリヤールが2着も、外国馬全て切りは正解でした。ただ…堅い決着で穴党の出番なし。そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 13 テーオーロイヤル 14着(8番人気)
前走AR共和国杯で他馬との接触+ブレーキをかける不利から立て直して0.2秒差の6着も、トップハンデの57.5キロでの事で負けて強し。2400m【3001】で、着外1回は成長途上の青葉賞(G2)で勝ち馬と0.1秒差。騎乗機会をもらった菱田Jの奮起に期待する。

◯ 9 ユニコーンライオン 16着(15番人気)
前走は距離短縮にブリンカーも効いたか、見事大逃げで復活の勝利。今回は【0002】の2400mだが、宝塚記念の2200mで58キロを背負い2着が57キロ。そして今回も単騎の逃げが決まれば…と、思い切って“世界の矢作”師に一発を期待してたい。

▲ 14 ダノンベルーガ 5着(2番人気)
エリザベス女王杯で3着にマイルCSは勝利と、やはり侮れない3歳世代。中でもこの世代トップのイクイノックスに天皇賞・秋で0.2秒差の3着となった同馬。2400mは?だが、55キロの斤量と、ダノン×川田ジョッキーで好走を期待する。

△ 3 ヴェルトライゼンデ 3着(4番人気)
日本ダービー3着に神戸新聞杯2着、そして鳴尾記念勝利と戦績を見る限り、右回り【2303】より俄然左回り【1110】に妙味あり。しかも鞍上強化で重賞初制覇を決めたレーンジョッキーに手が戻りアッと言わせる場面を期待する。

× 6 ヴェラアズール 1着(3番人気)
芝へ転向して1、3、3、1着から前走京都大賞典(G2)では、“あの位置”から2着に2馬身差を付ける5戦連続最速の末脚で重賞初制覇はまだ底を魅せていない。また内枠に鞍上強化ムーアジョッキーを背に、初G1挑戦でも好勝負まで期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線内目を豪快な末脚で追い込んだ3番人気のヴェラアズール、
2着は馬場の真ん中から追い込んだ1番人気のシャフリヤール、
3着は内ラチ沿いから脚を伸ばした4番人気のヴェルトライゼンデでした。

我が本命◎は直線で…

我が本命の◎テーオーロイヤルですが結果14着となりました。真ん中よりやや外め13番枠からのスタートは、スッと出れやや前に出す形で1角へ。その1角では3番手の外に位置取り。道中は4番手で折り合いも付き、よもやのユニコーンライオンが後続を引き付けて逃げる展開になりました。3角で馬群が集結した中で追走する形になりながら脚を溜めれてる印象。4角でも馬群が固まったまま直線へ。その直線では、内・外・後続の馬がドッ押し寄せたからか?やや怯んだ感じにも見えたがそこから伸びきれず。このトップレベルから鞍上の手腕もあるだろうが、さすがにこのメンバーではちょっと厳しかったと思えたレース内容でした。

距離を意識してか?…大逃げは!?

予想的に1着となった裏本命×のヴェラアズールは、あの一瞬の豪快な末脚は素晴らしいの一言で強かったですね。2着のシャフリヤールは来たら仕方ないで切ってしまいましたが、前走と打って変わってパドックも含め素晴らしい馬体も2着まで。3着で我が予想裏本命2番手の△ヴェルトライゼンデは直線ハーツイストワールが前を塞ぐも、鞍上レーンジョッキーがスッと内の進路を突き、今後が楽しみに思えた内容でした。3連単はこのメンバーでよもやの4桁配当9,850円…で、3、1、4番人気の堅く穴党はもうお手上げ。予想は1、3着でハズレましたが、外国馬を全頭切ったのは正解。ただ…ただ…大逃げを期待したユニコーンライオンが距離を意識してか?、後続を引き寄せ逃げるのは想定外…ならば予想に入れなかった。そしてダノンベルーガはここで突き抜けられないのが距離かな?という風に思いましたがコレも競馬ですね。配当が配当だけに致し方ありませんが、はい次!!って感じです。

次週は土曜にステイヤーズS(G2)とチャンレンジC(G3)が、そして日曜にはダートG1のチャンピオンズC(G1)が開催されます。諸事情によりこの週末は、土曜と日曜共に1レースずつの予想を想定しており更新も遅れそうですが何卒ご了承くださいませ。

タイトルとURLをコピーしました