【POG】ニューイヤーズデイ産駒で母クレーデリンテの2021となるオメガジャカランダの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

かなり苦戦をしている新種牡馬ですが…父はその新種牡馬ニューイヤーズデイで母クレーデリンテの2021となるオメガジャカランダをご紹介したいと思います。

オメガジャカランダのプロフィール

馬名:オメガジャカランダ(2歳・牝馬)
馬主:原禮子氏
管理:大和田調教師
生産:岡田スタッド
父:ニューイヤーズデイ
母:クレーデリンテ
母父:ダイワメジャー
デビュー予定日:2023年9月10日(土) 中山 ダ1800m
鞍上予定:佐々木(大)ジョッキー

先週は、未勝利で1勝

父はこの世代の新種牡馬ニューイヤズデイで、先週の新馬戦に出走馬ななし。また未勝利戦には4頭出走し、アンジュグルーヴが1着にエートラックスが2着にオコタンペが3着とノリピーが10着。また、札幌2歳Sに小倉2歳Sにすずらん賞への出走もなかったが産駒として1勝を積み上げる事ができました。ただ、マキシマムセキュリティからも種牡馬として期待されながら、現時点で中央で新馬勝ちはベストオブユーのみ。そして未勝利勝ちは、先に述べたアンジュグルーヴのみという状況。地方大井でスピニングガールがダ1200mでデビューから2連勝中ですが…新馬戦も始まってもう3ヶ月が過ぎたが、果たして今後どの様な適正を見せるか気になります。

オークス馬、ヌーヴォレコルトも

母はクレーデリンテでダイワメジャー産駒。その母オメガスピリットからは、オークス馬となったあのヌーヴォレコルトがいる血統。現役時はデビュー戦で3着後は苦戦続きで引退までに勝利を上げれず通算10戦0勝で繁殖入り。ただ、その繁殖生活は3番仔の2020産オメガシンフォニー(父ヘニーヒューズ/牝馬)がダートで2勝、そして芝のマーガレットS(L)で3着やダートの端午S(OP)で5着と芝・ダート兼用で堅実な戦績を残し個人的には能力を垣間見せてる印象。因みに2022産は、新種牡馬となるナダルを配合された牝馬が誕生しています。

半姉と期待の若手ジョッキーから一発を期待!?

そんな中、コチラもこの世代の新種牡馬ニューイヤーズデイを配合されたオメガジャカランダが今週末のデビューを予定しています。馬主は“オメガ”の冠でお馴染み原禮子氏で、母や仔をも所有するゆかりの血統。そして預託先は、半姉オメガシンフォニーを管理している大和田調教師との事。現時点でも情報が少なくそんなに注目はされてな組み得るが、デビュー戦はルメールジョッキー騎乗のリアルファインドや横山(武)ジョッキー騎乗アパイシュナールも参戦予定の10日(土)の中山ダート1800mにて鞍上佐々木(大)ジョッキーでスタンバイ。あまり結果が出ていないニューイヤーズデイ産駒という点は気になってしまうが、史上最年少19歳という若さであの横山(武)・武(豊)ジョッキー等を押さえ今年の函館競馬のリーディングジョッキーとなった佐々木(大)ジョッキーの手腕でアッと言わせる場面がないか!?。密かに楽しみにしている私です。

タイトルとURLをコピーしました