2016 京成杯 レース回顧

3  着 ▲ ①メートルダール
5  着 ◎ ②ウムブルフ
7  着 ◯ ⑦プランスシャルマン
8  着 注 ⑮ナムラシングン
10着 △ ⑧マイネルラフレシア

【3連複5頭BOX】①②⑦⑧⑮

やっぱ、ハービンジャー産駒は中山で走れるわ。
ディープ産駒は以前よりはマシなようだが、やはりまだ中山では疑問が残るね。

そもそも、せめて番手につけなきゃならん⑧マイネルラフレシアが中団後方。
というか、チョイスした連中の『位置取り』に大問題だわ。
オメーら、ヤル気あんのか?
届くわけねーべよ。

その『ナイ位置』から上がって来たのは①メートルダールのみ。
この馬はマジ強いわ。
③と④は前目で競馬ができた展開利が大きくないか?

走破タイムはホープフルSを0秒4上回った。

とーでもいいけど、フォーリー騎手の勝利インタビュー。
地声が高すぎてビックリ。
ヘリウムガス吸ってんのか?と思ったぜ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする