大種牡馬キングマンボが老衰で安楽死へ…

どうも、あっぷるです。

朝から寂しいニュースが入ってきました。。。
大種牡馬キングマンボが老衰で安楽死となった様ですね。

戦績:13戦5勝
馬主:スタブロス・ニアルコス氏
父:ミスタープロスペクター
母:ミエスク
母父:ヌレイエフ

と、名牝ミエスクの初仔として仏2000ギニー、セントジェームズパレスステークス、
ムーンラン・ド・ロンシャン賞とG1を3勝しましたね。

その後は種牡馬となり、日本では日本ダービーを制したキングカメハメハや、
NHKマイルカップやジャパンカップ、海外でサンクルー大賞を制したエルコンドルパサー、
そして海外ではイギリス2000ギニー勝ちのキングズベストや、
日本でジャパンカップを制したアルカセット等々大物を輩出してきましたが、
種牡馬生活は2010年の交配1頭が受胎せずそのまま引退へ…

ブルードメサイアーとしても日本馬はスズカマンボが天皇賞・春を制し、
デュークオブマーマレードが5つのG1を勝つなど素晴らしい成績も残しました。

私はエルコンドルパサーの大ファンで今でも最強と思ってます。
グラスワンダーやサイレンススズカ、スペシャルウィークにセイウンスカイ、キングヘイローと
その時代が今でも鮮明に覚えてます。

寂しい事ですが今残る子孫が今後も活躍する事を願っております。
ご冥福を心よりお祈り致します。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする