藤沢和雄調教師が同年で牡馬・牝馬共に2歳G1を完全制覇し史上初の快挙!

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

本日、行われた朝日杯FSを制したのは、
藤沢調教師管理のサトノアレスでした。

その藤沢師ですが、先週は阪神JFをソウルスターリングで制し、
史上初となる牡馬・牝馬の2歳G1を同一年で制覇という快挙を達成しました。

色々と要因はあると思いますが毎年リーディング争いに加わる位、
勝利数はあるものの、個人的には岡部Jの引退が原因!?
で、G1や重賞での鳴りを潜めたイメージで、
シンボリクリスエス、ゼンノロブロイまでは凄く信頼できたが、
個人的には信頼度がその後はどうも…^^;

ガリレオ産駒や、モンジュー産駒を主に山本英俊氏の馬で管理し、
日本の馬場ではなかなか結果を出せなかったが、
今年はフランケル産駒で先週G1を制する等、
常に挑戦をし続けてる調教師ですよね。

今年のリーディング争いも矢作師が1位ですが藤沢師は2位。
残り後1週となり先週の時点で矢作師と8勝差、
厳しそうな数字ですが最後まで頑張って欲しいですね。

来年の藤沢師は目が離せない調教師になりそうですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする