通算勝利数12,842勝したカナダ出身のラッセル・ベイズジョッキーが引退へ…

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

アメリカ西海岸を拠点としていたカナダ出身のラッセル・ベイズJ(57歳)が、
引退をした様ですね。

主な功績は、

≪13度の年間400勝以上記録≫
1995年の年間400勝以上を皮切りに13度の年間400勝以上の記録を持ち、
エクリプス賞特別賞の受賞、現役中に殿堂入りしてしまう等

≪通算勝利数12842勝の世界最多勝記録≫
2006年に9531勝目(騎乗回数42570回目)を挙げ、
ピンカイ・ジュニアJが持っていた9530勝を抜き世界記録を更新、
その後、2016年の引退発表までに、
通算騎乗回数は53,578回、そして通算勝利数は12,842勝の世界最多勝記録保持

と、正直この記録は次元が違いすぎる…^^;

日本での騎乗は1989年のジャパンCでホークスターに騎乗し5着、
そして2015年のワールドオールスタージョッキーズで招待され、
フローレスダンサーやショウナンバーキン等に騎乗し11位という結果に終わってましたね。

しかし、騎乗回数に勝利数も半端なく現役で殿堂入りを果たしてしまうって^^;
更に57歳まで現役を続けられる事も凄い…

本当にお疲れ様でした。今後はゆっくり休んで欲しいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする