2016 京都新聞杯 予想

今日のあてたろう予想!

出走メンバーの大半が1勝馬で、3頭が2勝馬。
その中に『G3重賞2勝を含む3勝馬』が出走してきた(汗)

余談だが、サトノダイヤモンドは言わずと知れた高額馬。
先週のG2青葉賞を勝ったヴァンキッシュランは1億9000万。
仮に今日、④スワーヴアーサーと⑨ロイカバードがワンツーをキメた場合のハナシ。

日本ダービーでなんと!
『セレクトセール落札額上位4頭揃い踏み!総額約7億対決』が実現する!かも(笑)

そんなオレの予想は…。

◎ ②スマートオーディン
本賞金3900万、NHKマイルC出走がごく自然な流れと思われた。
実際に出走していれば、上位人気の一角だったのは火を見るより明らかだ。
目先のマイルG1ではなく、こちらを選択したことに『ダービー』に懸ける意気込みを感じる。
仕上げ五分でも楽勝して不思議はないレベルの馬。
距離延長、初のコーナー4つをクリアし、G2勝ちを手土産にダービーへ堂々と駒を進める!

◯ ⑬ブラックスピネル
デビュー戦でゼンノタヂカラオを下した。
3戦目の萩Sではのちに重賞を2勝するスマートオーディンも撃破。
その後はホープフルS④着、若駒S③着、すみれS②着と微妙に勝ち切れない状況。
とはいえ、大きく負けてるワケでもなく戦ってきた相手は骨っぽい連中。
有力馬の脚質も加味すると、今回最も優位な立場なのはこの馬か。

▲ ⑩ゼンノタヂカラオ
微妙に勝ち切れない印象が強い。
レースセンスは高いものの、立派過ぎる馬格がそれに追いついていない様子。
が、今年に入ってから徐々に良化、
2月の未勝利勝ちは「好位から進出し、2馬身半突き放す」という好内容。
次走の若葉S③着ではあるが、『1秒3』は離され過ぎの感もある…。
ただ、クラスへの対応力は大きく、距離や馬場状態を問わず、8走全てが馬券圏内。
初の重賞挑戦だが、期待値は高い!

注 ⑨ロイカバード
新馬戦、きさらぎ賞と2度に渡ってサトノダイヤモンドに先着を許した。
その『きさらぎ賞』ではもう1頭にも負け、賞金の上積みに失敗したことで皐月賞を断念。
とにかく「サトノダイヤモンドに2度負けた」という印象が強く残ってしまった。
が、逆に言えばサトノダイヤモンド以外に殆ど負けていない。
前走で先着を許したレプランシュは激走の反動か、毎日杯とNHKマイルCを回避せざるを得ない状態だ。
当初予定していた毎日杯を使えず、「権利獲り」がここ一発勝負になってしまった点は誤算だ。
だが、今回は4戦全てを経験している得意の京都。
ここでの連対確保は最低条件だ!

④スワーヴアーサー
3戦目でようやく未勝利戦勝ち。
その後は休養に入り、ダービー路線一本へ。
未勝利勝ち時点ではまだトモが弱く、急坂のあるコースは不向きとの見解。
『3、4コーナーの下り坂を利用して加速でき、直線が平坦』の京都コースは弱点がカバーできる。
ここを除外されたらプリンシパルSへの案は憂鬱に終わり、実績がある京都への出走が叶った。
先週の併せも格上の古馬を追走して先着。
焦らずしっかり馬体をつくったお陰でトモの緩さも改善。
陣営はここでの連対(それ以上)を確信しているようだ。

【3連単1頭軸ながし】②→④⑨⑩⑬→④⑨⑩⑬
点数多く買えない…絞るしかない!
配分は自己責任でね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

精度がヤバいと評判の新競馬データが…

    ▽   ▽   ▽

  高松宮記念(G1)の意外な穴馬を
      あぶりだす!

→→激走確定の4頭とは一体!?←←

詳しくはこちらから

※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする