2016年 函館2歳ステークス【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の弐]

近年、このレースは上位人気で期待を裏切るケースが多い。
そのパターンは「新馬勝ち」→「短期放牧」→「再入厩」
心身の緊張感を一旦緩めてもう一回締め直す。
キャリアの浅い2歳馬には容易なことではない。
それを克服して、世代初の重賞ウイナー「北の一番星」に輝くのはどいつだ?

そんなオレの予想は…。

◎[6番]モンドキャンノ
前走後、ノーザンFへ一旦放牧。
ありゃりゃ?冒頭に書いたマズいパターンに当てはまるぞ(汗)
しかし、デビュー戦の内容が良く、直線ではムチ一発のみで1分9秒4。
レースレコードに僅か0秒1差の好時計だ。
その時、楽勝で負かした後続2~4着馬も既に勝ち上がり。
今年の函館組の中では抜けた素質馬だ!

○[14番]ドゥモワゼル
デビュー戦は逃げて2着。
素質馬「モンドキャンノ」に完全マークされ、それで0秒2差なら上等だ。
前走は控えて差し切る味のある競馬。
脚質に自在性あり、今日の相手でも勝負になる!

▲[10番]ロイヤルメジャー
函館に在厩してじっくり調整、ここに備えた。
「これで負けたらしゃあないってデキ。
他の馬は知らんがウチはここがメイチ勝負だ」と。
フィーユドゥレーヴ、ストークアンドレイでこのレースを2勝している担当厩務員の談。
コメントの信頼性は高いか。

注[16番]ラーナアズーラ
デビュー戦ではコーナーで若さを露呈。
それでも外に進路を切り替えたら鋭い伸びを見せた。
そもそも追い切り本数も足らない中での出走だったことを考えれば、上積みは大きい。
重賞でも期待できる!

△[12番]レヴァンテライオン
レースセンスよく、デビュー戦の内容も良い。
ハナに行ったが、追ってからもしっかり伸びていた。
2着とはタイム差なしだが、ここに繋がるステップだった。
勝ちを意識できる馬だ。

【3連複5頭BOX】[6番][10番][12番][14番][16番]

結果は…。

1  着 △[12番]レヴァンテライオン
2  着 ◎[6番]モンドキャンノ
5  着 ○[14番]ドゥモワゼル
7  着 ▲[10番]ロイヤルメジャー
15着 注[16番]ラーナアズーラ

レコード駆けした⑫レヴァンテライオン。
なかなかセンスあるレース。
⑥モンドキャンノも自身の時計は詰めてるワケだからやむを得んか(汗)

3着に入ったタイムトリップ。
「新馬戦は遊びながら勝った。
ダート色の強い血統だが、洋芝は合う!」とのコメント…。
あとで気付く。

⑯ラーナアズーラは最後の直線に入ったとこで故障したかと思ったわ。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする