【凱旋門賞】オブライエン師のワン・ツー・スリーはフィニッシュは歴史的結果で『勝つコツ』を知ってる!?

どうも、俺の当たる競馬予想さサイトのあっぷるです。

先週末に行われた凱旋門賞。
日本馬のマカヒキは結果が14着と見せ場もなく完敗だった。

そんな中、

1着:ファウンド 3番人気(オブライエン師)
2着:ハイランドリール 9番人気(オブライエン師)
3着:オーダーオブセントジョージ 8番人気(オブライエン師)

という、まさかのオブライエン師率いる3頭が、
ワン・ツー・スリーはフィニッシュは史上稀にみる快挙の結果でしたね。

名門オブライエン師は日本でも有名な調教師ですが、
私の凱旋門賞予想で注意した点は『デットーリJ』だけ見てれば…
と思って、オーダーオブセントジョージは予想に入れましたが、
デットーリJは3着に持って来たのはオブライエン師の馬www、
『オブライエン師』までは考えてませんでした^^;

それにファウンドに関しては、前のレースでポストポンドにあれだけちぎられて
敗けてただけにここでは…と思ったのですが、
紛れもないムーアJの手腕で勝利へ導いたと思う結果です。

一方ポストポンドは斤量で敗けたという言い訳はできない。
2着のハイランドリール、3着のオーダーオブセントジョージは、
共に59.5キロを背負ってただけに今回は色々な事が重なったとしても完敗の印象です。

日本馬のマカヒキはディープインパクト産駒で苦手な馬場ではないはず。
となると、私は未だにこの強豪馬相手に距離が若干長いと思ってるのですが、
C・デムーロJは『外を走らされたのが敗因では!?』というコメントをされてます。
マカヒキ陣営があれだけ自信を持ってたのは意外でしたが、
金子氏も『わからない』というコメントを使ってましたね。
日本馬で凱旋門賞制覇はやはり、オルフェーヴルかディープインパクトが
過去には一番手が届きそうだったんでしょう…

話しは戻して、オブライエン師の恐ろしさを改めて実感した一戦。
この凱旋門賞という大舞台でワン・ツー・スリーはフィニッシュは、
運だけではとても出せる結果ではない。

『凱旋門賞を勝てるコツ』を知ってるのだろう…
今後もこの海外のレースが日本で買える様になるという話しもあり、
今回の予想が生かせればと思った。

日本の感覚で予想をするのはまた違う事も感じた。
来年の凱旋門賞は当てたいレースです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

春のG1シーズンが始まり、
競馬場が賑わう季節となってきましたね。

ところで、競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景…変だと思んですよね?」

なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。

※無料公開中※

【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。

だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。

「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」

まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。

きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓

※無料公開中※

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする