2017年 アイビスサマーダッシュ(G3)【あてたろう】予想とレース回顧【的中】

今日のあてたろう予想!

新潟1000mは国内唯一の直線競馬。
特殊な舞台条件だけに種牡馬傾向も他の舞台とは異なってくる。
不振なのはSS系のようだ。
ならば……夏競馬は「格より調子」の格言を信用しよう!
(札幌のクイーンS(G3)は予想する時間がナイからケン)

そんなオレの予想は…。

◎[3番]プレイズエターナル
3歳秋の時点では先々が楽しみな素質馬と言われていたが、既に7歳…。
2013年11月の京洛Sから実に22戦、約2年10ヶ月も勝てない状況が続いていた。
それが一変したのが直線競馬に初参戦した2走前の駿風Sだった。
続く前走の韋駄天Sは「ゲートで潜りかけて出遅れた」のが敗因で度外視できる。
因みにその前走は1番人気だったが、今回の人気急落ぶりはハンパない。
スタートを決めて2走前の再現だ!

◯[10番]フィドゥーシア
春雷S→韋駄天Sと2連勝中、本格化を感じさせる勝ちっぷり。
特に前走の韋駄天Sは初の直線競馬だったが、1馬身半差をつけてゴール。
勝ちタイム「54秒3」は春開催の括りでは過去10年で最速の記録だそうだ。
良血馬が開花、怒涛の3連勝で秋の短距離G1戦線に名乗りを上げる!

▲[16番]アクティブミノル
最高の大外枠、過去16回でピンク帽は最多の5勝。2着も5回ある。
調教は坂路追いで「今年の栗東坂路の1F最速」を出すシビれる内容。
集中力持続が課題の馬でブリンカー効果絶大の様子だ。
前走のCBC賞(G3)でビッシリと競馬をしたことで完全に変わったと。
初の直線競馬でも!

注[14番]レジーナフォルテ
格上挑戦。
未勝利戦の千直で「2歳レコードかつ5馬身差」で勝った実績がある。
当時より斤量は3kg軽くなるし、更に時計は詰められるはずだ。
3歳牝馬はこの時季、斤量面で非常に恵まれているのも利点(札幌のクイーンSもそう)だ。
適性はかなり高く、古馬勢を「撫で斬り」にする可能性を秘める!

△[15番番]ラインミーティア
これまで千直には11回出走して(1.1.0.9)の戦績。
それだけを見ると「どうなの?」と思うが…。
実は着外9回のうち、6回は「4着」で1回は「5着」と掲示板率が高い。
前走の韋駄天Sも上がりは最速タイ。
末脚一閃!

【3連複5頭BOX】
[3番][10番][14番][15番][16番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1着 △[15番]ラインミーティア
2着 ◯[10番]フィドゥーシア
3着 注[14番]レジーナフォルテ
4着 ▲[16番]アクティブミノル
8着 ◎[3番]プレイズエターナル

本命◎打った③プレイズエターナル。
出ムチくれてもついてイケてない感じで行き場も失くしたように見えた。
△どまりにした⑮ラインミーティア。
コメントに「末脚一閃」と書いたが、アタマでくるとは…(汗)

3連複で72.1倍。
まぁヨシだろう。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする