【新潟記念】騎乗停止で柴山ジョッキーから鞍上が乗り替わるルミナスウォリアーの連勝は!?

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

今週末は2歳重賞の札幌2歳Sと小倉2歳Sが行われますが、
もう1つ古馬重賞の新潟記念も開催されます。

そんな中、中心視されそうなのが前走函館記念で、
初重賞制覇となったルミナスウォリアーでしょうか。

馬名:ルミナスウォリアー(牡)
馬主:サンデーレーシング
管理:和田(正)師
父:メイショウサムソン
母:ルミナスハッピー
母父:アグネスタキオン

新潟コースは滅法得意と言っても過言ではなく、
過去3戦で【2001】と着外1回も昨年の新潟記念で勝ち馬に0.3秒差の5着なら、
心配はないはず。

また、3走前のAJCC(G2)では勝ち馬タンタアレグリアに0.6秒差の4着、
2走前は金鯱賞(G2)で勝ち馬ヤマカツエース相手に0.3秒差の5着と掲示板を確保。

強いて不安は鞍上で主戦の柴山Jがまさかの騎乗停止となり、
乗り替わりは噂で石橋(脩)Jに乗り替わりが決まった様ですね。
春には新潟リーディングに輝いた石橋(脩)Jなら!?

ただ、骨っぽい相手が多そうなメンバーですね。
前走落馬負傷でデムーロJから秋山Jに乗り替わり、
重賞2戦目の小倉記念で初重賞初勝利となったタツゴウゲキに、
前走重賞のエプソムカップで2着となり鞍上デムーロJのアストラエンブレム、
距離が一機の短縮となるが阪神大賞典でサトノダイヤモンドやシュヴァルグランに続く、
3着となったトーセンバジルに重賞で3戦連続馬券圏内のマイネルフロスト等、
一筋縄ではいかなそうですがここを勝てばG1へ挑戦も現実となりそうですね!

最後にこのレースはハンデ重賞だけに斤量も大きな勝利に結びつくポイント。
どんな結果になるか非常に楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする