2017年 BSN賞(OP)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想!

札幌の「WASJ」は「面白み」もある反面、「怖さ」もある。
ので、「観る」に限る。。
よって堅実そうな新潟を選択。

そんなオレの予想は…。

◎[7番]センチュリオン
名鉄杯(OP)はタイム差なしの2着。
勝ち馬オウケンワールドに乗られた感じ、負けはしたがレース内容は悪くなかった。
OP復帰後は2着→3着→2着→2着と惜敗続きも着差は全て0秒1差内と安定感抜群。
軸馬にはもってこいだ。今後のためにもそろそろ決める!

◯[5番]アルタイル
新潟1800mは1000万下勝ちと昨年のこのレース3着の実績。
休むとトモが緩む面があるらしく、使い込んだ方が走るタイプのようだ。
今回、中6週になるが在厩調整でじっくり乗り込まれ「デキは完全に立ち直った」と陣営。
得意の新潟で完全復活!

▲[1番]トップディーヴォ
2月の北山S(1600万下)勝ち後、4ヶ月半の休養。
休み明けの函館遠征では大きく馬体を減らしていたが、前走の小倉では馬体増。
気合いをつける早めの競馬、レース間隔も詰めてきたことで変わってきそうだ。
今年はの昆厩舎と横山典のコンビは何度か見せ場のあるレースを演出している不気味なラインだ。
初の左回り、相手も強くなる。どこまで。

注[2番]モズライジン
前走の阿蘇S(OP)は函館帰りということもあり、馬体重10kg減。
レースも行き脚がつかず、後方から…直線では進路が窮屈になる場面も。
馬群がバラけてからはよく伸びていた分、もったいないレースだった。
昨年2着の舞台で巻き返しは可能だ!

△[13番]マスクゾロ
名鉄杯(OP)を左前跛行で競走除外。
とは言え、翌日から乗り込み再開している状況で問題はなさそうだ。
ショックウエーブ(体外衝撃波治療)の効果もあり、良化の状況。
ハンデも58kgを想定していたが57kgで出走。
仕切り直しの一戦だが、まずは無事に周ってくることが前提か。

【3連複 軸1頭ながし】
[7番]→[1番][2番][5番][13番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1着 ▲[1番]トップディーヴォ
2着 △[13番]マスクゾロ
3着 ◯[5番]アルタイル
6着 ◎[7番]センチュリオン
8着 注[2番]モズライジン

軸馬の⑦センチュリオンが全く伸びず…。
それだけはヤメて欲しいパターンの入線。

3連複①⑤⑬で81.1倍もついたぜよ(汗)

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする