宝塚記念制覇でG1・2勝目となったサトノクラウンが年内は国内専念で、天皇賞・秋へ参戦が決定

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

正直、え!?という感じでしたがキタサンブラックを含む競合メンバー相手に、
宝塚記念を制覇したサトノクラウンですが、
優先出走権を得たBC ターフへ向かう事と思いきや、
秋は国内専念で始動戦は天皇賞・秋に決まった様ですね。

馬名:サトノクラウン(5歳・牡)
馬主:里見氏
管理:堀師
父:マルジュ
母:ジョコンダⅡ
母父:ロッシーニ
G1勝利:香港ヴァーズ(2016年)、宝塚記念(2017年)

デビュー3連勝で弥生賞を制し1番人気に推されながらも、
ドゥラメンテを相手に6着に敗れてから歯車が狂ったか、
G1戦が6連敗の中、香港ヴァーズへ参戦しマジックマンことモレイラJで
海外G1初制覇を成し遂げ、前走宝塚記念をデムーロJで制し、
休養に入ってた中で秋のローテが気になってましたが、
なんと天皇賞・秋に参戦し尚且つ年内は国内専念までも堀師からコメントがでましたね。

過去2回参戦し17着、14着と完敗な上に休み明けの今回で狙いにくいかもですが、
地力はついたのは事実。ただ、個人的には血統的にもBCターフの方が合うと思ってたので、
天皇賞・秋に参戦はホント目からウロコと言った感じ。

あくまでも現時点での参戦予定馬ですが、
ソウルスターリングやキタサンブラック、マカヒキやリアルスティールにヤマカツエース、
ステファノス、サトノアラジン、サクラアンプルール、賞金的に大丈夫ならシャケトラ、
そして堀師から札幌記念を回避したネオリアリズムも、
順調なら参戦のコメントが出てるだけに超超豪華メンバーになりそうな天皇賞・秋。

鞍上の発表はまだ出てない様ですが普通に考えるとデムーロJの騎乗になりそうですが、
順調であればネオリアリズムも参戦する可能性があると、
急遽マジックマンことモレイラJの来日でモレイラJの騎乗馬により、
デムーロJの馬も決まる!?という可能性も出てきますね。
はい、私の勝手な憶測ですが直にジョッキーも決まりますwww

馬主の里見氏にとっては凱旋門賞でフォワ賞とサトノダイヤモンド、
サトノクラウンで国内のG1という使い分けもでき、
あわよくば里見氏で国内外でG1制覇を狙ってるのもあるでしょう。
あれだけ勝てなかったG1だったが昨年のサトノダイヤモンドで菊花賞から、
サトノクラウンで香港ヴァーズ、サトノアレスで朝日杯FS、
そしてサトノダイヤモンドがG1・2勝目ので有馬記念と秋競馬で一挙4勝の、
驚異的なG1勝ちもできるくらいの素質馬揃いですからね。
また今年も秋競馬で大爆発の可能性も十分。

サトノクラウンの今後のローテも気になるところで天皇賞・秋の後は、
BCターフの優先出走権を蹴ってまで国内に専念という事で、
ジャパンカップや有馬記念へ進む可能性が大となりそうですね。

何れにせよ今年の天皇賞・秋の前哨戦となる毎日王冠のレベルも凄いが、
天皇賞・秋は有力処が集結しまくり予想もかなり難解。

本番の天皇賞・秋が非常に楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする