府中牝馬Sからエリザベス女王杯(G1)に向かうヴィブロスは2戦共に鞍上ルメールジョッキーへ乗り替わり…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今年のドバイターフ(G1)で初海外G1を制したヴィブロスですが、
秋は府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯の2戦のみに参戦。
という事が決まった様ですね。

馬名:ヴィブロス(牝)
馬主:佐々木和主氏
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ハルーワスウィート
母父:マキャヴェリアン
G1勝利:秋華賞(2016年)、ドバイターフ(2017年)

ただ、鞍上が…福永Jと思ってましたが、
どうやら2戦共にルメールJに乗り替わりが決定ですか。
ルメールJはアドマイヤリードに騎乗と思ってたのですが、
府中牝馬Sでは戸崎Jに乗り替わりの様ですし、
このヴィブロスに騎乗の為、という事だったという事でしょうか。

しかし、福永Jで秋華賞(G1)を制した後は、
中山記念(G2)を内田Jで5着、そしてドバイターフ(G1)をモレイラJで1着と
きてましたが、【2100】でG1まで獲った福永Jのはずが、
ここへきてルメールJを起用するのは…
宝塚記念のシュヴァルグランの逃げ騎乗が大魔神に悪い印象を!?
と、想定してますが間違いないでしょうか?^^;

何れにせよ、結局ルメールJかデムーロJという流れは変わらずですね…
この流れって当分変わらない気はするが、
そのルメールJですが凱旋門賞のサトノダイヤモンド、
天皇賞・秋のソウルスターリング、ジャパンカップのレイデオロ等など、
粒が相当揃ってますねwww

秋競馬はルメールJ祭りになるか!?
それとも、ひょっとしたらアルアインの様な事が起きても!?
何れにせよどんな結果を出すか逆に楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする