【マイルCS(G1)】桜花賞馬レーヌミノルが初コンビの和田ジョッキーに乗り替わり参戦へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今年の桜花賞を8番人気ながら池添Jで制したレーヌミノルですが、
次走は得意のマイルとなるマイルCS(G1)へ向かう事が決まった様ですね。

馬名:レーヌミノル(3歳・牝馬)
馬主:吉岡實氏
管理:本田(優)師
父:ダイワメジャー
母:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル

デビューから浜中Jが跨り小倉2歳Sを制した後は、
京王杯2歳Sを2着、阪神阪神JF(G1)でも3着となり、
桜花賞では浜中Jから池添Jに乗り替わり、
テン乗りで8番人気を覆す桜花賞を制したのは衝撃でした。

その後はオークスで13着、前走の秋華賞で14着と距離不安されてた中で、
勝ち馬との着差も両レースで2秒以上も放されただけに、
明らかに距離の壁という感じでしたね。

そのレーヌミノルが選んだ次走はマイルCS(G1)と古馬相手ですが、
牡馬に交じってのG1を狙いにきました。
また鞍上は初コンビとなる和田Jに決まり、
今年G1では勝ち切れずも前哨戦やG1で2着のモズカッチャンや、
ラビットランなどで印象を残してるジョッキーは頼もしいですね。

因みにG1を勝った池添Jが何故乗り替わるの!?と疑問に思いますが、
お手馬のロードクエストは次走キャピタルSを予定としており、
マイルCSの参戦可能性は低くこうなると別のお手馬が参戦するのか、
残ってる馬から騎乗馬を選ぶのか?となると…降板という事なりますが、
乗り替わった理由が現時点では全くわかりません^^;

冠名『ミノル』が付けば大馬券になるイメージが強いが、
マイルCSでも波乱を呼んでくれるのか3歳馬の斤量も考慮すれば楽しみですね。

レッドファルクス、サトノアラジン、エアスピネルやイスラボニータ、
ペルシアンナイトにアエロリットと出走予定ですが、
それだけでも好メンバーでかなり揃ってますし本番が楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする