共にJRA最優秀短距離馬で父ロードカナロアに母カレンチャンの2016となるカレンモエが気になる…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

現在は2015産駒が主となりますが個人的に2016産駒で、
競馬が好きであれば誰もが夢の配合で楽しみ!と思えるような、
馬の情報がありましたのでブログに挙げてみました。

馬名:カレンモエ(1歳・牝馬)
馬主:鈴木隆司氏
管理:安田師
父:ロードカナロア
母:カレンチャン
母父:クロフネ

あのカレンチャンとロードカナロアの仔となります。
もう触れるまでもなく有名な事ですが、

馬名:ロードカナロア
戦績:19戦13勝
馬主:ロードホースクラブ
管理:安田師
父:キングカメハメハ
母:レディブラッサム
母父:ストームキャット
G1勝利:スプリンターズS、香港スプリント(2012年)
高松宮記念、安田記念、スプリンターズS、香港スプリント(2013年)

と、父は2013年にはJRA年度代表馬に加え、
同年にJRA最優秀短距離馬を2年連続制覇受賞のロードカナロアに、

馬名:カレンチャン(牝)
戦績:18戦9勝
馬主:鈴木隆司氏
管理:安田師
父:クロフネ
母:スプリングチケット
母父:トニービン
G1勝利:スプリンターズS(2011年)、高松宮記念(2012年)

母も、JRA最優秀短距離馬を2012年に受賞し、
最優秀4歳以上牝馬を2013年に受賞のカレンチャンですね。
って、ほんと何度言ってもいいくらい夢のある配合ですね^^

馬体も現時点で490キロと馬格もあり短距離が得意な安田師なら、
最強スプリンターの可能性は凄くあるとして、
うまくいけばマイルまでもG1を席捲しそうな血と環境^^;

ただ、気になるのはロードカナロアもカレンチャンも活躍が4歳からというのが、
この仔にも伝わるのでは?という事でPOGで考えると、
活躍が遅くなってしまいそうかもですが、
2歳から活躍したらある種化け物の可能性も!?

2016産駒でデビューは来年ですが夢のある配合が夢でなく、
現実になる事を願いたいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする