2016年の皐月賞馬となったディーマジェスティが引退し、北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬入りへ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

まさかの衝撃ニュースですが、サトノダイヤモンドやマカヒキの世代で
皐月賞馬となったディーマジェスティが引退が決まりましたね。

馬名:ディーマジェスティ(4歳・牡馬)
戦績:11戦4勝
馬主:嶋田賢氏
管理:二宮師
父:ディープインパクト
母:エルメスティアラ
母父:ブライアンズタイム
G1勝利:皐月賞(2016年)

いやぁ、色々と重なったのでしょうがあまりにも引退が早すぎでしょう。
引退の原因は爪の不安との事で年内の復帰が見えないという事から、
嶋田氏と話し合った結果引退の様ですね…

しかし、最強世代と言われた日本ダービー馬マカヒキはその後勝てずで、
朝日杯FSを制したリオンディーズは引退、
3冠皆勤賞のエアスピネルは先週のG1では善戦止まりで
サトノダイヤモンドだけが頑張ってる感じですが、
その凱旋門賞でサトノダイヤモンドは撃沈で有馬記念は回避し年内休養と
『最強世代』と謳われたのは何だったのだろうか?^^;

今後は種牡馬入りとの事ですが父がディープインパクトとの事で、
需要があるといいのですがやはりディープインパクト産駒となると
大多数いますからね。少しでも多く良質の牝馬にありつけるといいですね!

子に託すことになりますがデビューを楽しみにしています。
そして、お疲れ様でした。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする