【ジャパンカップ(G1)】キタサンブラックがG1・7勝したディープインパクト等の名馬達に肩を並べるか!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は祭典となるジャパンカップ(G1)が東京競馬場で行われます。
外国馬も参戦する中で俄然注目は北島三郎氏所有で競馬界をここまで引っ張ってきた、
ブラックタイド産駒のキタサンブラックでしょう。

馬名:キタサンブラック(5歳・牡馬)
馬主:北島三郎氏
管理:清水(久)師
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー

2015年に菊花賞を制覇し、2016年に天皇賞・春とジャパンカップ、
そして今年2017年に新設G1の大阪杯に天皇賞・春、
そして前走で圧巻の強さと復活劇を魅せた天皇賞・秋でG1・6勝。

キタサンブラックは今年で引退が決まっており、
G1は今週末のジャパンカップに、年末の有馬記念の2つとなりましたが
ジャパンカップで勝利すればG1・7勝目となり、
シンボリルドルフを初めテイエムオペラオーやディープインパクト、
そしてウオッカとタイになる。
また、有馬記念で最多となるG1・8勝目へ挑戦できる権利が出てきます。

前走は逃げると思いきやまさかの後方からの競馬でジワジワ前に付け、
内から外へ切り込む直線の競馬で天皇賞・秋を制覇した時は強い!と改めて実感しました。
今回は更にマークが厳しくなりそうですが、果たしてどんな結果となるか!?

天の邪鬼の私は強敵サトノダイヤモンドが出走しないが、
宝塚記念の様な展開になる気がしてならない…
ただ、昨年のジャパンカップの強さと前走の天皇賞・秋の
武(豊)Jの手腕も加味すればここも!?

日本最強馬として好結果を出してもらいたいと願う反面、
穴党の私は高配当を願って大波乱を期待し、
2、3着の馬券圏内で止まって欲しい気持ちも…^^;

どんな結果となる本番が楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする