【チャンピオンズカップ(G1)】サウンドトゥルーやカフジテイク、ケイティブレイブやゴールドドリームは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末はダートのG1となるチャンピオンズカップですね。
そんな中、アウォーディーは先日ブログに挙げましたが、
サウンドトゥルーやカフジテイクなど他の有力馬も興味をそそられますが、
ざっくりですが検証してみたいと思います。

馬名:サウンドトゥルー(7歳・セン馬)
馬主:山田弘氏
管理:高木登師
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
G1勝利:東京大賞典(2015年)、チャンピオンズC(2016年)
JBCクラシック競争(2017年)
鞍上:大野ジョッキー

昨年のチャンピオンズカップ覇者が今年は連覇を狙ってきました。
そのチャンピオンズカップを勝利して以降、
勝ち切れずモヤモヤがピークに達した様な前走、
最速の上りで今回出走するダート猛者を差し切り勝ちと、
久しぶりの勝利がG1・3勝目となりました。
トランセンド以来の史上2頭目となる連覇へ、
最有力候補かな?と現時点で思ってる私です。

次に、

馬名:カフジテイク(5歳・牡馬)
馬主:加藤守氏
管理:湯窪師
父:プリサイスエンド
母:テイクザケイク
母父:スキャン
重賞勝利:根岸ステークス(2017年)
鞍上:ルメールジョッキー

昨年のチャンピオンズカップ4着と僅かクビ差で馬券圏内を逃したのは
今でも鮮明に覚えてます。はい、11番人気でしたが◎本命でしたから。
今ではもう人気し過ぎて配当妙味が薄れてますがやはり最後の脚は凄い。
年明けに重賞初勝利となる根岸Sで勝利した後は、
強烈な末脚を持つも勝利に届かないレースが続いてますが、
それでも大きく崩れず堅実さは相変わらず。

乗り替わりは理由の内容はわかりませんが、
4戦連続で届いてないレースを魅せられるとホント津村Jの方が…
思ってましたが、デムーロJやボウマンJにルメールJと、
昨今の外国人Jの騎乗結果を見てるとルメールJに期待したくなります。
人気が落ちるなら狙いたいと思ってる1頭ですね。

そして、

馬名:ケイティブレイブ(4歳・牡馬)
馬主:瀧本和義氏
管理:目野師
父:アドマイヤマックス
母:ケイティロール
母父:サクラローレル
G1勝利:帝王賞(2017年)
鞍上:福永ジョッキー

前走のJBCクラシックでは中団からレースを運びハマったと感じた2着でしたが、
やはり先行した方が持ち味を生かせそうな気はするんですけどね…
鞍上は福永Jとなりますがダート1800mに関しては【2340】と、
馬券圏内パーフェクトは魅力的ですね。
ただ、中央のダートより地方のダートの方が合う気がしてならない…
現時点では正直あまり興味を感じてない1頭です^^;

最後に、

馬名:ゴールドドリーム(4歳・牡馬)
馬主:吉田勝己氏
管理:平田師
父:ゴールドアリュール
母:モンヴェール
母父:フレンチデピュティ
G1勝利:フェブラリーステークス(2016年)

昨年のフェブラリーS馬がかなり足掻いてる近走ですね。
3歳の時は本当に強い!と思ってましたが、
R・ムーアJを配してまで出走してきた今回は本気でしょうか。
個人的にはデビュー2戦が1800mで勝ってますが、
以降勝利は1600mとG1のレベルではマイルまでと思ってるんですよね…
ムーアマジックが出れば話は別かもですが、
やはりこの距離でG1となると現時点では半信半疑と思ってます^^;

さて、4頭ピックアップしてみましたがまだまだ有力馬はいますね。
宜しければ次回の検証もお楽しみください^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする