若駒ステークスで1番人気スーパーフェザー、2番人気フォックスクリークが2頭揃って敗退…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

本日、京都競馬場で行われた3歳OPの若駒ステークスですが、
先日このブログで記載した想定からまさか!?の結果となりました。

1番人気に支持された、

馬名:スーパーフェザー(3歳・牡)
馬主:KTレーシング
管理:友道師
落札額:2億6,000万円
父:ディープインパクト
母:オーサムフェザー
母父:オーサムオブコース
鞍上:デムーロジョッキー

そして、2番人気に支持された

馬名:フォックスクリーク(3歳・牡)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:中内田師
父:ディープインパクト
母:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
鞍上:川田ジョッキー

が、共に勝ち馬ケイティクレバーから0.9秒差を付けられる、
5着、6着で大敗という結果になりました。

レースはスタート後、勝ち馬となるケイティクレバーが主導権を取り、
自信のペースでスローに落とす流れとなりました。
フォックスクリークが馬群のやや前目、
スーパーフェザーは中団の後方からレースを進め、
4角前から外を回す2頭に対してケイティクレバーは、
直線で楽に突き放し2着に3馬身の差を付ける快勝。
2着に4番人気のマイハートビート、3着にテイエムディランにも負けた両馬。
そして2頭は…アタマ差でフォックスクリークが5着、
スーパーフェザーが6着という計ったかの様なゴール^^;

結果を受けてスローだからというレベルではないと感じましたが、
これでクラシック制覇というのはちょっと厳しく感じました。

勝った、

馬名:ケイティクレバー(3歳・牡馬)
馬主: 瀧本和義氏
管理:目野師
父:ハービンジャー
母:モルトフェリーチェ
母父:ディープインパクト
鞍上:小林(徹)ジョッキー

管理の目野師は来月2月末に定年を迎える事でOP戦に勝利は嬉しいですね。
この勝利でクラシック出走への道が開けてきました。
次走は、目野師定年引退の最終週となる、
2018年2月25日の阪神競馬場で行われるすみれSに出走予定との事。

今回より更に相手が強くなると思いますが、
自身のスタイルでラストを好結果に結びつけるといいですね。

最後に、やはり馬は難しいですね。
1戦1勝馬は特にそうですが2戦2勝でも500万下勝ちは見極めが必要ですね。
はい、私が予想してたとしてもこの2頭は飛ばないと思ってました^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする