若駒ステークスで1番人気スーパーフェザー、2番人気フォックスクリークが2頭揃って敗退…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

本日、京都競馬場で行われた3歳OPの若駒ステークスですが、
先日このブログで記載した想定からまさか!?の結果となりました。

1番人気に支持された、

馬名:スーパーフェザー(3歳・牡)
馬主:KTレーシング
管理:友道師
落札額:2億6,000万円
父:ディープインパクト
母:オーサムフェザー
母父:オーサムオブコース
鞍上:デムーロジョッキー

そして、2番人気に支持された

馬名:フォックスクリーク(3歳・牡)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:中内田師
父:ディープインパクト
母:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
鞍上:川田ジョッキー

が、共に勝ち馬ケイティクレバーから0.9秒差を付けられる、
5着、6着で大敗という結果になりました。

レースはスタート後、勝ち馬となるケイティクレバーが主導権を取り、
自信のペースでスローに落とす流れとなりました。
フォックスクリークが馬群のやや前目、
スーパーフェザーは中団の後方からレースを進め、
4角前から外を回す2頭に対してケイティクレバーは、
直線で楽に突き放し2着に3馬身の差を付ける快勝。
2着に4番人気のマイハートビート、3着にテイエムディランにも負けた両馬。
そして2頭は…アタマ差でフォックスクリークが5着、
スーパーフェザーが6着という計ったかの様なゴール^^;

結果を受けてスローだからというレベルではないと感じましたが、
これでクラシック制覇というのはちょっと厳しく感じました。

勝った、

馬名:ケイティクレバー(3歳・牡馬)
馬主: 瀧本和義氏
管理:目野師
父:ハービンジャー
母:モルトフェリーチェ
母父:ディープインパクト
鞍上:小林(徹)ジョッキー

管理の目野師は来月2月末に定年を迎える事でOP戦に勝利は嬉しいですね。
この勝利でクラシック出走への道が開けてきました。
次走は、目野師定年引退の最終週となる、
2018年2月25日の阪神競馬場で行われるすみれSに出走予定との事。

今回より更に相手が強くなると思いますが、
自身のスタイルでラストを好結果に結びつけるといいですね。

最後に、やはり馬は難しいですね。
1戦1勝馬は特にそうですが2戦2勝でも500万下勝ちは見極めが必要ですね。
はい、私が予想してたとしてもこの2頭は飛ばないと思ってました^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3年連続プラス収支を達成した馬の選び方を暴露

突然ですが、あなたは馬を選ぶ時、
何を参考に選んでいますか?

一般的に多いのはこんな選び方でしょうか。

・オッズ人気を参考にする
・過去10年の統計データを参考する
・新聞の予想家の予想を参考にする

今日は、私自身が実際に
3年間連続でプラス収支を達成した、

  “稼げる馬の選び方”を
 お伝えしようと思います!
   
↓ ↓ 詳細はコチラ ↓ ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 競馬は4つのデータだけで
  ウソみたいに稼げる
~~~~~~~~~~~~~~
私が馬を選ぶ時に
参考にするデータはこの4つです。
この4つだけで競馬は勝てます。

   ■スピード指数 
   ■適正指数
   ■統計データ  
   ■血統理論

なぜ4つのデータを使うかというと、
1つのデータだけでは、
精度の高い予想ができないから。

逆に、多ければ多いほど良いわけでもなく、
情報を増やしすぎても精度はブレてしまいます。

私自身が実践を重ねて研究した結果、
この4つのデータを軸に予想することで、
3年連続でプラス収支を達成しました。

↓ 過去3年分の実績を公開 ↓
※無料公開中※

~~~~~~~~~~~~~~
 このロジックで選んだ馬を
    無料で公開
~~~~~~~~~~~~~~
一言で、4つのデータで予想と言っても、
その分析量はとてつもなく膨大。

正直、すぐに実践することは難しいでしょう。

なので、この分析結果を
誰が見てもわかる、競馬データとして公開。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実際に見てもらえばわかる通り、
テッパン馬も穴馬も一瞬でわかります。
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この競馬データをみて馬券を買えば、
控え目に言っても、

  \3連単が3回に1回的中/

こんな予想家が発狂するような的中率を
叩き出せるようになるでしょう。

いまなら【無料】で公開しています。

↓ 今すぐコチラをクリック ↓
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする