地方馬で10年振りにセントポーリア賞を勝ったハッピーグリンが、次走は皐月賞TRのスプリングSを予定

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨日、東京競馬場で行われた3歳500万下のセントポーリア賞ですが、
勝ったのは北海道競馬所属で5番人気に支持された、

馬名:□地ハッピーグリン(3歳・牡馬)
戦績:10戦3勝
馬主:会田裕一氏
管理:田中(淳)師(北海道)
父:ローエングリン
母:レディセラヴィ
母父:アグネスタキオン

が、地方馬として10年振りに勝利となりましたね!
また、新馬勝ちで臨んだ2着リビーリングに1馬身1/4差をつけ、
3着グランデッツァがいる血統のプロトスターも破り、
サダムパテックやジュールポレールがいる血統のダークナイトムーンを
4着と撃破し、このメンバーから上り最速の33.3秒で見事勝利と、
レースレベルどうこうは抜きにして純粋に、
地方馬にしてこれは先々楽しみな1頭が出てきましたね。

いやぁ、コスモバルクを懐かしく思いますが、
ハッピーグリンは既にデビューして10戦目ですが、
前々走が北海道2歳優駿(G3 )がドンフォルテスに2.2秒差の6着に完敗。
続く前走全日本2歳優駿(G1)がルヴァンスレーヴに1.9秒差の9着と、
ダート重賞ではもう完敗のレベル。

しかし、5走前に中央のコスモス賞(OP)で初芝ながらステルヴィオに0.2秒差の3着、
4走前は中央すずらん賞(OP)で3着と芝適性は魅せており、
距離を600mも伸ばすも血統的にも合うと田中師がいう通り、
見事中央の芝へ再度TRYし勝利と素晴らしい判断ですよね。

こうなる夢は広がります。
中央クラシックへの出走が視野に入るとの事で、
次走は皐月賞TRとなるスプリングSに大野Jと共に参戦予定。
200m伸びても問題なさそうですが同距離を選ぶ感じかな?
もちろん朝日杯FS馬のダノンプレミアムや3連勝中のワグネリアン、
ホープフルS勝ちのタイムフライヤーを相手に甘くはないと思うが、
地方からの馬が中央で頑張る姿は勇気が出る。
個人的にはNHKマイルC(G1)が向きそうな気がするんですが^^;

先ずはトライアル戦ですね。ここをクリアして夢に向けて羽ばたけると良いですね!
次走、中央での参戦を楽しみにしております。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする