【POG】トーセンジョーダン産駒で母リビングプルーフの2018となるゴールデンプルーフの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

そろそろ産駒の活躍馬が出てきて欲しいところですが…。父はトーセンジョーダンで母リビングプルーフの2018となるゴールデンプルーフをご紹介したいと思います。

ゴールデンプルーフのプロフィール

馬名:ゴールデンプルーフ(2歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:羽月師
募集額:1,400万円
父:トーセンジョーダン
母:リビングプルーフ
母父:ファルブラヴ
デビュー予定:2020年8月23日(日) 小倉 芝1800m
鞍上予定:藤岡(康)ジョッキー

トーセンジョーダン産駒で勝ち星は…

父はジャングルポケット産駒のトーセンジョーダン産駒ですね。この世代では中央でまだ3頭のデビューと少数で勝ち星はなく、ジオパークマグマの新馬戦3着が最高順位。産駒としてはまだ大物はおろか、OP勝ち馬も出てない状況だけにそろそろ結果を出していきたいところですが、やはり牝系で良質の繁殖牝馬と配合して欲しくともコレばかりは大人の事情も…。種牡馬としての需要がある間に、良い結果を出していけるといいですね。

2番仔のテトラドラクマが重賞勝利

母のリビングプルーフですが、ファルブラヴ産駒です。現役時はデビューから上位人気も4~6着辺りをウロウロで、10戦目にしてようやくの勝ち上がり。その後早めに2勝目を挙げるも…主な活躍はできず、通算24戦3勝で引退し繁殖へと上がりました。また繁殖生活ですが、代表産駒はルーラーシップを配合し産駒初の重賞制覇となったクイーンC(G3)を制し、NHKマイルC(G1)で3番人気に支持されるも14着に敗れたテトラドラクマ(牝馬)ですね。そして2017のレインカルナティオ(牡馬)はテトラドラクマと同じルーラーシップを配合も…。

産駒はダート勝ち上がりが多くも、芝でデビュー予定

そんな中、トーセンジョーダンを配合されたゴールデンプルーフがデビューを予定となっております。預託先は羽月師となり、2017産では主な活躍馬を出すことができませんでしたが過去にはインカンテーションやワンダースピード等などダートでの活躍馬で結果を出してる師。また、トーセンジョーダン産駒は現状ではダートでの勝鞍が多いく師は合ってそう。ただ、デビュー戦は小倉の芝1800mという事で芝戦。血統的には適応能力はありそうですし、調教もかなり良さそうですし、クラシックを狙うべく芝で結果を出して欲しいがこればかりは走ってみないとわからないがトーセンジョーダン産駒としては何か走りそうな予感を感じる私…ですが、結果は神のみぞ知るwww。

新馬戦でどんな結果を出してくるか、本番が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました