【POG】ダノンレジェンド産駒で母シンセツの2018となるロダンレイジングの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

初年度産駒ながら前評判は控えめも、既に勝率が良いだけにここも期待したくなります。父はダノンレジェンドで母シンセツの2018となるロダンレイジングをご紹介したいと思います。

ロダンレイジングのプロフィール

馬名:ロダンレイジング(2歳・牝馬)
馬主:三浦勝仁氏
管理:小崎師
父:ダノンレジェンド
母:シンセツ
母父:ホワイトマズル
デビュー予定:2020年8月22日(土) 札幌 芝1200m
鞍上予定:池添ジョッキー

勝率良の新種牡馬ダノンレジェンド産駒

父はこの世代からの新種牡馬となるマッチョウノ産駒のダノンレジェンドですね。現役時は、ダートを主戦とし中央でカペラS(G3)のみの勝鞍だが、地方では黒船賞連覇、東京スプリント、北海道スプリントカップ連覇、クラスターC等のG3を快勝し、G1のJBCスプリント(G1)を勝つなど活躍をしました。G1勝ち後に通算30戦14勝で引退、そして種牡馬入りしました。その初年度産駒ですが、先週は勝ち星を挙げれずじまいも現時点では、新馬勝ちはアルナージのみも未勝利戦でミカンサン、そしてシンヨモギネスと3勝を挙げてます。が何れも産駒はダート勝ちのみですが父が父だけに今後もダート路線での活躍、という感じになりそうですね。

母から未だ活躍馬が…

母のシンセツですが、ホワイトマズル産駒です。現役時は中央でデビューも勝ち上がれず地方で4勝を挙げ通算17戦4勝で引退、そして繁殖へと上がってます。その繁殖生活ですが、ローエングリン、ロードアルティマ×2、トゥザグローリーを過去に配合するも、未だ活躍できずの状況はちょっと気がかり。

洋芝デビュー+鞍上池添J…

そんな中、新種牡馬のダノンレジェンドを配合されたロダンレイジングが今週末デビュー予定となっています。馬主は“レイジング”の冠となる三浦勝仁氏で、預託先はダイヤレイジング、エースレイジングと所有馬の中で稼ぎ頭の2頭を管理する小崎師。前評判的にはほとんど注目はされてませんが、デビュー予定は札幌の芝1200mを池添Jで参戦予定との事。ダート血統ながらここで洋芝もあってか!?“芝”での参戦、そして鞍上は池添Jで興味をそそられるのは私だけか!?www。

走ってみないわからないが、洋芝でどんな結果を出してくるのか気になるところです。どんな走りを魅せるか楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました