ビリーヴの仔フィドゥーシアはガンランナー!、ブランボヌールはキトゥンズジョイとの交配予定

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨年共に引退し米国で繁殖入りしたフィドゥーシアと、
ブランボヌールですが初交配予定馬が決まった様ですね。

先ず、

馬名:フィドゥーシア(牝馬)
戦績:26戦7勝
父:メダグリアドーロ
母:ビリーヴ
母父:サンデーサイレンス
主な勝鞍:春雷S(OP)、韋駄天S(OP)

が、昨年のアメリカで年度代表馬となり、
先日のペガサスワールドカップで強い勝ち方をラストランに引退し、
種牡馬入りしたガンランナー(父キャンディライド)との配合を予定との事。

昨年に引退したフィドゥーシアはOPを2勝した程度で、
重賞勝ちはありませんがまさか初の配合相手がいきなりガンランナーとは…
母が快速牝馬のG1馬となるビリーヴですし、
非常に興味のある配合相手となります!

そして、

馬名:ブランボヌール(牝馬)
戦績:12戦3勝
父:ディープインパクト
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
重賞勝利:函館2歳S(2015年)、キーンランドC(2016年)

は、配合相手はキトゥンズジョイ(父エルプラド)との事で、
こちらは重賞を2勝した実績馬ですね。
配合相手となるキトゥンズジョイの日本実績は、
自身が所有するジャンダルムがデイリー杯2歳Sを制し、
G1ホープフルSで2着と結果を出してます。
また、その他ダッシングブレイズもキトゥンズジョイ産駒として、
日本では代表産駒の1頭ですよね。

個人的にはフィドゥーシアの方がガンランナーとの仔で楽しみ。
ただ、ブランボヌールは海外で人気沸騰中の、
ディープインパクトが母父となり期待できそうな配合。
この2頭が米国に渡り世界に羽ばたける仔を出してもらいたいですね!

ここからは余談ですが、

馬名:アムールブリエ(牝馬)
戦績:25戦10勝
父:スマートストライク
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス

は、地方で重賞6勝で近親にはアウォーディーやラニがいます。
その同馬が2018年1月22日に日本ダービー馬のキズナの仔を産んだ様で、
そのキズナの仔は欧州で走らせるみたいですね。

そして、今度は化け物フランケルとの配合予定との事で、
前田幸治氏は海外で戦える馬を見据えて色々と動いてるんだろうな…
金子真人ホールディングスも、ノースヒルズ(前田幸治氏)も形は違えど
素晴らしい馬主さんですね。

お二方の今後の活躍を願っております。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする