【東京新聞杯2018】戸崎ジョッキー騎乗ではあるが末脚自慢のハクサンルドルフが魅力的…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は好メンバーと言われる東京新聞杯(G3)が東京競馬場で行われます。
ルメールJの騎乗停止で藤岡(康)Jになるアドマイヤリードや、
武(豊)Jのリスグラシュー、マイルでこそのグレーターロンドン、
G1馬ダノンプラチナ等々、出してたらキリない程の好メンバーですね。

そんな中、個人的に気になるのは…

馬名:ハクサンルドルフ(5歳・牡馬)
馬主:河崎五市氏
管理:西園師
父:アドマイヤムーン
母:キングスミール
母父:シアトリカル

ですね。
ただ、、、ただ年明けから予想で敢えて外している鞍上戸崎Jという…
先週もサンライズノヴァで馬自体には非常興味があったが、
戸崎Jで敢えて切るもまたきた^^;

昨年の重賞成績はトップジョッキーとして酷過ぎた。
また、今年は年明けからルメールJやデムーロJの騎乗停止で馬が回ってきたから。
と思ってたが、先週も人気馬を持ってきたりと今年は違うのか!?…
と思うも、今週もルメールJが騎乗停止という事で良質馬が回ってきそう。
未だ半信半疑になる私ですがやはり切るか…?

とはいえ、ハクサンルドルフ自体の過去レース戦績は魅力。
4走前の垂水Sではあの未完の大器シルバーステートが勝ったレースだったが、
シルバーステートを0.3秒も上回る上り33.2秒という強烈な末脚で4着。

そして5走前の多摩川Sですが東京新聞杯と同じ東京マイル。
これは57.5キロの斤量を背負いながら33.2秒の上りは他の馬も上りは
早かったものの勝ち馬メートルダールがいない東京新聞杯なら…と。

週末は馬場がやや悪化してそうだが1度不良馬場で7着に崩れたものの、
前走は不良馬場で1着、デビュー3戦目の稍重で1着、
デビュー4戦目の重で2着とこの3戦は全て最速の上りでのもの。
当然良馬場が理想だが馬場悪化でもそれなりの結果になりそうな気はする。

更に推したくなる点がもう1つ。
賞金的にここを勝たないと安田記念(G1)への出走は厳しいはず。
賞金加算必至な状況となれば陣営も勝ちにくるはず。

相手は当然重賞勝ちやG1をも勝ったマイルの猛者が集まった。
準OPで足踏みして重賞勝ちのないハクサンルドルフは実績的には見劣るが、
この決めてなら噛み合えばこのメンバーでも!?

はい、やはり個人的最大の問題は戸崎Jが乗る事だけ…
この馬で2戦2着2回と勝ち切れてないのは手腕の問題か?
他にも気になる馬もいますし、またまたまたまた戸崎Jを切るかどうか、
これは週末の予想までじっくり考えたいと思います^^;

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする