【チューリップ賞2018】阪神JFの上位馬ラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアで決まり!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は牝馬クラシック第一弾の桜花賞(G1)へ向け大事なTR戦となる、
チューリップ賞(G2)が阪神競馬場で行われます。

俄然注目は阪神ジュベナイルフィリーズで強い競馬を魅せた、

馬名:ラッキーライラック(3歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:松永(幹)師
父;オルフェーヴル
母:ライラックスアンドレース
母父:フラワーアレイ
G1勝利:阪神ジュベナイルフィリーズ(2017年)

が、始動戦となります。
新種牡馬オルフェーヴル産駒として初G1勝利をプレゼントした同馬。
休養で馬体重も増加しどんな走りを魅せてくれるか楽しみですね。
デビューから騎乗の石橋(脩)Jが継続騎乗となりましたが、
結果を出し続けても乗り替わる時代ですが結果を求めたいですね。

また、同レースで2着になった

馬名:リリーノーブル(3歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:藤岡師
父:ルーラーシップ
母:ピュアチャプレット
母父:クロフネ

と、クイーンCで5着に敗れた

馬名:マウレア(3歳・牝馬)
馬主:落合幸弘氏
管理:手塚師
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:ストームキャット

が鞍上武(豊)Jに乗り替わり参戦となってますね。

先ずリリーノーブルに関してはデビュー2戦目で白菊賞を勝利し、
強行の中1週でG1阪神JFへ参戦しながらも2着は力のある証拠。
今度は休養も十分で馬体も成長しTRなりの仕上げだろうが、
本番までの逆転に向け万全の態勢でしょう。

そしてマウレアですが同馬は今年の始動戦がクイーンCでしたが、
戸崎Jを背に1番人気に支持されるも5着とまさかの敗け…
母のバイザキャットからは桜花賞を制したアユサンがいます。
アユサンはチューリップ賞3着から桜花賞を制覇しただけに、
血統的にも鞍上武(豊)Jに乗り替わり巻き返す可能性十分ですね。

個人的に未知の魅力馬としては、

馬名:サラキア(3歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:池添師
父:ディープインパクト
母:サトミナ
母父:ロミタス

を注目したいところ。
ひょっとしたら4番人気!?と思ってますが、
中京の新馬戦を出負けで盛り返してからの直線上り最速で勝利。
1戦1勝馬の身ではあるが血統的にもデビュー戦の内容的にも、
ゲートさえクリアしてくれれば個人的には注目してる1頭ですね。

その他には、フランケル産駒のシグナライズが参戦します。
鞍上はルメールJで5戦して4着以下がないという堅実なところは魅力。
桜花賞優先出走権は3着までありますのでこの堅実さで3着に入る走りなら…
そしてフェアリーSで2着となったスカーレットカラーは、
父ヴィクトワールピサ×母父ウォーエンブレムと血統的に気になる1頭。
アルテミスSでラッキーライラックに0.4秒差の5着、
白菊賞ではリリーノーブルに0.2秒差の2着とタイムからは
そこまで差は開いてる訳ではない…が、鞍上が太宰Jから
岩田Jに乗り替わりは残念で結果がどう出るか…

そんなこんなで上位人気になりそうな馬をざっくり紹介しましたが、
阪神JF組が中心も着順が変われば高配当も!?

本番が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする