【POG】ディープインパクト産駒で母スタセリタの2016となるシェーングランツの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回はあのソウルスターリングの半妹となるスタセリタの2016で、
父がディープインパクトになったシェーングランツを紹介したいと思います。

馬名:シェーングランツ(2歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
厩舎:藤沢師
募集額:8,000万円
父:ディープインパクト
母:スタセリタ
母父:モンズーン

その母スタセリタは、
・サンタリラ賞
・ディアヌ賞
・ヴェルメイユ賞
・ジャンロマネ賞
・ビヴァリーDS
・フラワーボウル招待S
と、G1を6勝もした名牝。
その名牝を吉田照哉氏が購入し日本へ持ち込みましたが、
今や世界的超良血の母が持ち込まれたり仔が日本で走る時代ですね^^;
また、購入した際に14戦14勝でG1・10勝の無敗馬、
フランケルを配合した仔となるスタセリタの2014からは、

馬名:ソウルスターリング(4歳・牝馬)
管理:藤沢師
父:フランケル
母:スタセリタ
母父:モンズーン
G1勝利:阪神JF、オークス(2017年)

と、父母合わせてG1・16勝の仔とデビューから注目を浴びました。
戦績は2歳女王となる阪神ジュベナイルフィリーズ、
そして牝馬クラシックとなるオークスを制し、
G1・2勝馬となり今年は海外遠征まで視野に入れての活躍中。

その母スタセリタ2016となるシェーングランツは、
父フランケルから日本屈指の種牡馬ディープインパクトとなり、
父母合わせてG1・12勝の仔で日本馬×ドイツ血統の超良血馬。
期待せざるを得ないレベルの馬でPOGでは上位人気必至!www

個人的に少し気になってるのは日本での実績。
父ディープインパクト×母父モンズーンで調べると…
ウムブルフが14戦4勝(現1600万下)というのは不安で、
野田みづき氏所有のミッキーロイヤルが16戦1勝、
里見氏が所有してたサトノダイレンサ(9戦1勝)、
サトノネネ(24戦1勝)が共に抹消と、
日本で実績を持つ馬主が所有しても活躍馬が出てませんね…
果たしてこのシェーングランツがどんな結果を出すか興味津々ではあります。

とはいえ、この血統背景から期待したくなりますし、
さすがに私もこのシェーングランツはPOG指名の気持ちに傾いてます。
順調にいって欲しくデビューが楽しみでなりません!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする