デビュー戦が重賞の弥生賞(G2)となったクロフネ産駒ヘヴィータンクが僅か1戦で引退へ…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

先週の皐月賞TRとなる弥生賞(G2)が初出走となったヘヴィータンクですが、
結果10着の最下位となりましたが、僅か1戦で引退が決まった様ですね。

馬名:ヘヴィータンク(3歳・牡馬)
戦績:1戦0勝
馬主:池田草龍氏
管理:森師
父:クロフネ
母:アイアムジュエル
母父:アグネスタキオン

JRA史上初の初戦が重賞戦という極めて稀なデビューを果たしましたが、
結果10頭立ての10着の最下位となりました。
勝ち馬は朝日杯FS勝ちで4戦4勝の無敗馬となったダノンプレミアムから、
22.9秒も離される厳しい結果。
また、9着のアサクサスポットには20秒7も離されるという、
非常に厳しい結果となりました…

出走前から調教内容も厳しく、体質的にも厳しく、
という事で賛否両論色々あると思うが、
ルール上問題ないと判断され出走が決まり、
他馬に迷惑もかけず最後までG1を狙う猛者達を相手に、
無事に完走できた事を褒めてあげてほしい。

未勝利戦でデビューして全く注目されず消えていく馬が多い中、
稀な出走でヘヴィータンクという馬名はかなりの競馬ファンに馬名は残ったはず。
引退後は「乗馬になる予定」と書かれてるものの、
非常に気になるところで行方不明もよくある中で、
どこで乗馬となるのか明確に知りたいな。。。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする