【弥生賞2018】史上初!未出走馬のクロフネ産駒ヘヴィータンクが初出走で重賞参戦へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

まさか…とは思ってましたが現実になりましたね。
今週末の弥生賞は出走馬は少頭数と思ってましたが、
結果的に10頭の出走が決まりました。
その出走馬に森師が管理するクロフネ産駒のヘヴィータンクが出走しますが、
戦績はまさかの未出走…

馬名:ヘヴィータンク(3歳・牡馬)
馬主:池田草龍氏
管理:森師
父:クロフネ
母:アイアムジュエル
母父:アグネスタキオン
鞍上:野中ジョッキー

JRAでも史上初となる3歳以上の重賞に未出走馬が出走。
常識で考えれば無敗馬ワグネリアンとダノンプレミアム、
オブセッションやジャンダルム相手に未出走馬が立ち向かえるのか!?
とも思うが、実際にルールに則れば出走は可能という事で、
問題はないといえばないが…^^;

また、馬主の池田草龍氏は地方所属ながら中央で活躍し、
G3のオーシャンSを制し引退後は種牡馬入りした、

馬名:〇市□地ネイティヴハート
父:スターオブコジーン
母:ポトマックチェリー
母父:ノーザンテースト

を所有してた馬主さんですね。
その後は所有馬自体も少ないので何ともですが活躍馬は出てない
中で弥生賞に未出走で参戦を承諾したのですね。

森師は他にも、

馬名:アラウン(3歳・牡馬)
馬主:一村哲也氏
管理:森師
父:オルフェーヴル
母:アリアプーラ
母父:フライングスパー
鞍上:ミナリクジョッキー

こちらは全5戦1勝ではあるが1勝が地方の川崎競馬…
中央では勝ち馬に1秒以上離された内容でこちらもかなり厳しそうではあるが、
出走させてきましたね。

馬主の一村哲也氏はネオスターダムやヨヨギマックを所有する馬主さんですね。
ただ鞍上ミナリクJという頃で未出走のヘヴィータンクよりは
可能性はありそうですが…

はい、2頭とも出走するからにはチャンスはあると思いますが、
さすがに厳しい気もするが「目的」は話題作りではなく、
他にありそうな気がしてならない。

重賞戦だと掲示板以外の6~10着にも出走の奨励金が出ます。
出走馬が10頭に確定し出走前の時点で既に奨励金の権利が得られますので
そう考えれば自身のクラスで出走するよりはお金を得れる確率は高くなる。
とまぁ、勝手に考えてしまいましたがルールに則り出走するので
問題ないしそれも競馬ですが賛否両論はありそうですが、
馬が無事にゴールできることを優先して欲しいですね。

逆に少し楽しみなのは未出走の身であるヘヴィータンクより、
着順が下回る馬はいるのか興味津々になってきました。
結果がある種楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする