史上初の最少キャリア2戦目できさらぎ賞(G2)を制したサトノフェイバーが春全休へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

史上初のデビュー戦勝利のキャリア1戦で重賞のきさらぎ賞を制し、
皐月賞直行で調整されてたゼンノロブロイ産駒のサトノフェイバーですが、
右第3中手骨近位掌側面剥離骨折で春全休が決まった様ですね。

馬名:サトノフェイバー(3歳・牡馬)
馬主:サトミホースカンパニー
管理:南井師
父:ゼンノロブロイ
母:ヴィヴァシャスヴィヴィアン
母父:ディストーティドヒューマー
重賞勝利:きさらぎ賞(2018年)

非常に残念ですね。。。
もちろん弥生賞を無傷の4連勝で買ったダノンプレミアムの強さは
認める物のまだ未対戦という魅力から、
どこまでの力を持ってるか楽しみではありましたが、、、

きさらぎ賞勝利後は疲れが長引き当初スププリングSのTRの予定から、
皐月賞直行へローテーションを変更してましたが、
この時点で「疲れ」であればよかったのですが、
どうやらMRI検査で右第3中手骨近位掌側面剥離骨折が判明。
管理してる南井師から約半年の休養が必要との事で復帰は秋以降と…

サトミホースカンパニーも今年はちょっと厳しいかな…
サトノソルタスとの2頭でクラシックを!と、
思ってた矢先の出来事でしょうが、

馬名:サトノソルタス(3歳・牡馬)
馬主:サトミホースカンパニー
管理:堀師
父:ディープインパクト
母:アイランドファッション
母父:ペションヴィル

は、まだ2戦1勝だが共同通信杯で2着の実績ではあるが、
先々も踏まえ次走予定のスプリングSでは、
賞金加算&皐月賞出走の権利は獲りたいところ。

ただ、そのスプリングSに出走予定馬には…
朝日杯FS2着のステルヴィオや、あのモーリスの全弟となるルーカス、
前走最速の上りだったゴーフォザサミット等骨っぽいのがいます。
また、未知の魅力ハッピーグリンは個人的に気になってます^^;
サトミホースカンパニーもサトノフェイバーの分も頑張って、
ここは是非結果を出したところですね。

話はサトノフェイバーに戻して、
骨折した事はもうどうにもならないので
ゆっくり完治させて秋に元気な姿で活躍してほしいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする