【POG】ディープインパクト産駒で母スピニングワイルドキャットの2016となる2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

中内田師が2015産は絶好調ですので、
同馬も中内田師に預託という事でスピニングワイルドキャットの2016を
紹介したいと思います。

馬名:スピニングワイルドキャット2016(2歳・牡馬)
馬主:ロードホースクラブ
管理:中内田師
父:ディープインパクト
母:スピニングワイルドキャット
母父:ハードスパン

母のスピニングワイルドキャットは米国産馬で良い結果が出せず
引退、繁殖へ上りましたが血統的魅力は十分です。
現に2015のダノンスマッシュは好成績となっており今後が楽しみ。

はい、その母スピニングワイルドキャットの仔は、

スピニングワイルドキャット2014(メヌエット・牝馬)
9戦1勝でロードホースクラブが所有となります。
父がタピットという事で9戦中8戦でダートを使い、
【1313】の成績と現在500万下ではあるがクラス慣れすれば…
という感じでしょうか。

スピニングワイルドキャット2015(ダノンスマッシュ・牡馬)
4戦2勝で父がダノックスの所有馬となります。
父がロードカナロアになりOPのもみじSを快勝し、
続くG1朝日杯FSではややヨレ気味のスタートから、
今や圧倒的強さを魅せる勝ち馬ダノンプレミアムに、
0.7秒差の5着となり今後が非常に楽しみではあります。

そして本馬のスピニングワイルドキャット2016は、
父がロードカナロアから日本最高種牡馬ディープインパクトとなり、
距離の融通性も加味すればダノンスマッシュより上に!?
これは配合だけ見れば気になりますね。

ただ、馬主がダノックスからロードホースクラブとなるのは、、、
ロードホースクラブの馬は売却した馬が走るイメージがあり
クラブ馬となる同馬は…はい、個人的見解ですので悪しからず^^;

因みにスピニングワイルドキャット2017の父が、
再びダノンスマッシュと同じロードカナロアに戻してるのは
2016のディープインパクト産駒が微妙だった!?
と、勝手に勘ぐってしまい気になるところではありますが…

とはいえ預託が中内田師になる点はプラスに考えたいところ。
個人的に一か八か感もディープインパクト産駒で期待も見え隠れしてます。
POG指名も視野にいれつつ、
もう少し情報が入る様になったら再度考慮したい1頭ですね。

ただ、クドい様ですがこの母系の血統は魅力で、
そこへ父ディープインパクトなら当たりそうな気も…

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする