2018年 フラワーカップ(G3) 予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

人気2頭で一発を狙ったのですが2、3、4番人気で穴党の出番なし^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑥インヴィジブルワン 11着(11番人気)
前走勝ち上がった様に母系からダートの方が合ってそうな気もするが、
デビュー2戦目は芝で最速の上りから2着もあり再度芝戦へ。
今年の成績が好調な藤原師に馬券圏内で期待する。

○ ⑦ウスベニノキミ 4着(8番人気)
デビューから5戦でようやく勝ち上がったがキャリアを積み、
前走、2走前と最速の上りで息の長い脚を使えるのは強味。
中山コースは合いそうで鞍上内田Jにも期待する。

▲ ⑬カラリエーヴァ 9着(12番人気)
距離、コース共に経験があり鞍上江田(照)Jが魅力。
外枠は誤算だが新馬戦で0.3秒差で勝たれたリビーリングは
後の弥生賞5着馬。前目の競馬から粘り込みで一発を期待してみる。

△ ④ロックディスタウン 13着(1番人気)
デビュー戦は後のG1馬となるタイムフライヤー、
次走は牡馬相手の重賞戦で重賞善戦のファストアプローチ相手に勝利。
前走はぶっつけに折り合い難を露呈しジエンド。
休養期間で成長してれば巻き返しても…期待する。

× ⑩カンタービレ 1着(2番人気)
エルフィンS2着のノーブルカナリンではなく騎乗するデムーロJ、
そしてこのブログでも伝えたキセキの馬主石川達絵氏の馬のコンビとなれば
期待せざるを得ない。素直に期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線で脚を伸ばしラスト根性を魅せた2番人気のカンタービレ、
2着は後方外から鋭い脚で追い上げた3番人気のトーセンブレス、
3着は早めに先頭に立ち内で粘った4番人気のノームコアでした。

我が本命の◎インヴィジブルワンですが結果11着となりました。
スタート後はまさかの中団より内の後方での競馬。
前に行ってこそ持ち味を発揮できる馬と思ってたのですが、
この騎乗は頂けない感じと思いました。

馬券的には球節の不安で6カ月の休み明けとなった、
ノームコアが3着に入りますか…これは誤算。
カンタービレやトーセンブレス辺りは順当の力を魅せました。

中京で3連単6万馬券を当てた勢いで、
明日も的中を目指し頑張ります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3連単的中率をグンとあげる方法はコレ!

 <<徹底的に競馬に勝つ>>
 うまコラボの「コラボ指数」は
 3連単が3回に1回的中する実力。

この指数はあなたの競馬収支を
最速最短でプラスに変えるでしょう。
※無料公開中※
突然ですが、あなたに質問です!

3連単的中率をグンとあげる方法を考えてください。

パッと思いつくのはこんなところでしょうか。

1.競馬新聞を買う
2.競馬雑誌を買う
3.プロ予想家の予想を買う
4.点数を増やす
5.ゲン担ぎにカツ丼を食べる

きっとどれも正解です。
少なからず効果はあるでしょう。

でも、的中率に直結するような
もっとコスパがよく、
もっと効果的な方法が
あるとしたらあなたならどうしますか?

おそらく誰もが悩むことなく
その方法を選択するでしょう。

3連単的中率を劇的に変えるその方法。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは、
【コラボ指数を活用すること】です。
※無料公開中※

今あなたの頭には2つの「?」が
飛び回っているかもしれません。。。

【???コラボ指数ってなに???】

コラボ指数は、「スピード能力」「血統」、
「適性」、「統計データ」と
あらゆる要素を分析することによって、
3連単を3回に1回的中させる精度まで高めた指数です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【???なぜコラボ指数なの???】
その理由は、
圧倒的なコスパで圧倒的な的中率を
叩き出せる競馬データだからです。

具体的に言うと、
__________________

3連単が3回に1回的中する精度の指数が、  
わずか月額1980円で全レース見放題だから。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コラボ指数を使えば、
あなたは予想する必要は一切なく、
買い目は1レース1分で出す事ができ、
点数は36点~60点(3連単の場合)で、
3連単が3回に1回的中させる事ができます。
その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

今なら1日最大18レースの指数が無料で公開中です。
まずはコチラから無料登録して
その実力を試してみてください!
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする