【大阪杯2018】ダンビュライト、ミッキースワロー、トリオンフ、ウインブライトの一発は!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は阪神競馬場でG1の大阪杯が行われますが、
先日は上位人気となりそうな馬を紹介しました。
今回はダンビュライトやミッキースワロー等、
このメンバーでも侮れなそうな馬達を検証したいと思います。

先ずは、

馬名:ダンビュライト(4歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:音無師
父:ルーラーシップ
母:タンザナイト
母父:サンデーサイレンス
鞍上:浜中ジョッキー

前走のAJCCではミッキースワローの猛追に0.3秒差つけ重賞初制覇。
クラシック3冠が皆勤賞と着順を考えれば重賞制覇は時間の問題とは思ってた。
が、ことG1で勝ち切れるか!?となると、
前から押し切る競馬で上りの脚がない分このメンバーでは半信半疑。
そしてここ最近お騒がせの浜中Jは技術より精神的に不安が…^^;
ただ、2走前にはサンタクロースSで勝利してる舞台になるのはプラスで、
馬券圏内と考えれば侮れないかもしれないが悩むところです^^;

続くは、

馬名:ミッキースワロー(4歳・牡馬)
馬主:野田みづき氏
管理:菊沢師
父:トーセンホマレボシ
母:マドレボニータ
母父:ジャングルポケット
鞍上:横山(典)ジョッキー

昨年のセントライト記念で人気の一角で
皐月賞馬のアルアインをあっさり置き去りにしたのは、
個人的に驚愕であの脚は忘れもしない…
全8戦で6回の上り最速を叩き出してる同馬で、
今年初戦のAJCCでは1番人気で2着も逃げ馬が3着、
2番手のダンビュライトが勝利の中1頭猛追で追い上げたのは評価できる。
初の阪神コースではあるがそこよりも何よりも、
鞍上横山(典)Jが何をするかが最大のポイントだがポツンはさすがに…
ないだろうが穴を開けるならこの馬!?と思ってる私です^^;

そして、

馬名:トリオンフ(4歳・セン馬)
馬主:KTレーシング
管理:須貝師
父:タートルボウル
母:メジロトンキニーズ
母父:ダンスインザダーク
鞍上:田辺ジョッキー

正直、個人的に今回のメンバーで一番未知の惑星と思ってる同馬。
この世代がタートルボウルの初年度産駒となり、
このトリオンフが現段階では代表産駒かな。
全体で過去戦績を見ると7:3の割合でダート馬が多いのは気になるも、
1000万下から寿S(1600万下)→小倉大賞典(G3)の目下芝で3連勝中の同馬。
ただ相手が相手だった着差からまだ底が割れてないとも言える。
去勢効果に連勝の勢いは買えるが、唯一今年まだ活躍がない鞍上がで迷う^^;

最後に、

馬名:ウインブライト(4歳・牡馬)
馬主:ウイン
管理:畠山師
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母父:アドマイヤコジーン
鞍上:松岡ジョッキー

完成はもう少し先という陣営のコメントはあるも、
前走の中山記念でG1馬のアエロリットとペルシアンナイト、
ヴィブロスを撃破し重賞2勝目を挙げた同馬。
このメンバーで勝ち切れる気はしないのと、
輸送でパドックや返し馬でイレ込まないことが好走へ向け大きなポイントかな。
重賞勝ちは福島・中山の小回りだけに阪神内回りは合いそう。
松岡Jも自身を持ってのるだろうがこれが果たして!?^^;

そんなこんなで勝手ながら気になる馬を検証しましたが、
この辺りの馬が馬券圏内に飛び込んでくれば配当も少しはおいしく…
一発を期待したい馬達です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする