【POG】ディープインパクト産駒で母ライラックスアンドレースの2016となるライルの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

はい、続いてこちらも今が旬の2歳馬情報でしょうか。
2018年の牝馬クラシック第一段となる桜花賞で1番人気に支持され、
デビュー5連勝をかけたが結果2着となったラッキーライラックの半弟となる
ライラックアンドレース2016のライルを紹介したいと思います。

馬名:ライル(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
厩舎:手塚師
父:ディープインパクト
母:ライラックスアンドレース
母父:フラワーアレイ

この血統で真っ先に思いだすのは馬主のキーファーズです。
というのも母ライラックズアンドレースの2013となる、
ラルク(5歳・牝馬)ですが、父がディープインパクトとかなり期待され
馬主のキーファーズが1億4500万円で落札されました。

結果は、新馬戦では武(豊)Jを背に勝利をしましたが、
以降期待とは裏腹に思うように勝てず、
現在15戦3勝で4歳500万下をようやく勝った身。
やはり考えてしまうのはキーファーズのラルクは走らず、
サンデーレーシングのラッキーライラックは走った。
これ以上は書きませんがなんかもやもやしてしまう私です><

はい、それではライルの話を。
父オルフェーヴル産駒のラッキーライラックが阪神JFを制し、
チューリップ賞まで無敗のデビュー4連勝を飾り、
桜花賞でも2着となりましたが、
その半弟が父がディープインパクトに替わり母系も日本で活躍してる以上、
俄然そのライルは注目を浴びますよね。

ただ、父ディープインパクトは先に述べたラルクと同じ配合だけに、
これが吉と出るか凶と出るか…また、厩舎も松永(幹)師ではなく手塚師に預託の様で、
違和感を感じる私…ひょっとしたらディープインパクトとの仔は微妙か!?
気になりますね(@_@)

むしろ私が気になるのはライラックスアンドレースの2017ですね。
父がロードカナロアとなり初年度産駒で早くもG1の桜花賞馬、
アーモンドアイを出した種牡馬ですからね。
個人的には断然こちらに期待をしたくなります。

という事で、ライルのPOG指名は様子見をしたいところですが
血統的魅力がありG1勝ち馬となる可能性も秘めてる1頭。

デビューまでまだ期間はありますが、
どんな結果を出してくるか興味津々な1頭です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする