交流戦G2の兵庫CSを制したテーオーエナジーが日本ダービー参戦プランが急浮上!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

先日5月3日(木)に園田競馬場で行われた兵庫CSで、
断然人気に応え5馬身差で圧勝したたテーオーエナジーが、
5月27日(日)に東京競馬場で行われる日本ダービーへ登録する可能性が
浮上してきた様ですね。

馬名:テーオーエナジー(3歳・牡馬)
馬主:小笹公也氏
管理:宮師
父:カネヒキリ
母:シルキークラフト
母父:クラフティプロスペクター
重賞勝利:兵庫チャンピオンシップ(2018年)

血統的からもデビューから一貫してダート戦を使ってきた同馬。
父カネヒキリはジャパンダートダービー、ダービーグランプリ、
ジャパンカップダート2連覇、フェブラリーS、東京大賞典、
川崎記念と計ダートG1・7勝の実績。
母シルキークラフトは中央デビューも勝てず地方園田へ。
生涯戦績24戦で6勝は全てダートでの勝利と正にダート血統。

そのテーオーエナジーも全ダ5戦で【3110】と、
パーフェクト馬券圏内の戦績。
新馬戦は最速の上りで0.4秒差つける勝利、
その後3歳500万下を3戦し②③①と安定感の成績。
そして前走の兵庫CSでは2着に0.8秒差をつける最速の上りで
圧巻の5馬身差の勝利とダート戦で勢いに乗ってます。
このままユニコーンSやJDDという路線もありながら、
まさかの日本ダービー(芝2400m)に登録のプランが浮上してるとの事。

一瞬カネヒキリ産駒で芝2400m!?、日本ダービーの出走枠を1つ…、
ダート実績しかない馬が!?…とも思ったが、
日本ダービー参戦のルールに違反してる訳でもなく、
賞金が足りてる、もしくはTRで権利を得ている馬であれば
平等に出走権利はあるので個人的には何ら問題なしで逆に楽しみ^^;

むしろ穴党としてこいう馬の好走する可能性を探ってみたくなる。
過去には、

馬名:エキマエ(牡馬)
戦績:15戦4勝
管理:中川師
父:メイショウボーラー
母:ローレルシャイン
母父:コマンダーインチーフ
重賞勝利:兵庫CS(2014年)

が、今回と同じローテで日本ダービーへ参戦しました。
結果は中止…という最悪の結果となり、
以後ダート戦に戻すも1勝もできず引退と賛否両論でしたが、
走ったからこそわかる事、陣営も芝をこなせる可能性に賭けたはず。
また、父がメイショウボーラーと芝・ダート兼用ですからね。
陣営の気持ちもわかるかな。

他にはゴールデンチケットもいましたがこちらも同ローテで
日本ダービーへ参戦し結果は7着でしたが、
芝で勝ち鞍はなくとも芝重賞で2着の実績があり、
父がウイニングチケットなら芝をこなす可能性もありました。

後のダートG1を制したサクセスブロッケンもそうですね。
デビュー4連勝でダートを勝ち上がり初芝が日本ダービー。
驚異の3番人気に支持されるも結果は18着と最下位。
血統的に父シンボリクリスエス×母父サンデーサイレンスなら…
という事もあり3番人気まで推されたのでしょうね。

しかし今回は先に述べた様にテーオーエナジーの父母共に、
ダート傾向が強い上に芝2400mの距離をもこなす事ができるか!?
出走が決まったならもっと色々と好走の要素を考えたいが、
現時点ではこればかりはちょっと厳しそうかな^^;

日本ダービーはもうすぐですね。
どんなメンバーになりどんな結果となるか非常に楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする