【POG】ロードカナロア産駒で母シーザリオ2016となるサートゥルナーリアの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今回は、菊花賞、ジャパンカップ馬のエピファネイアや
朝日杯FS馬となったリオンディーズを出した名牝シーザリオの仔となる
2016のサートゥルナーリアを紹介したいと思います。

馬名:サートゥルナーリア(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
厩舎:角居師
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク

母シーザリオから毎度の事ながらPOGでかなり悩んできましたが、
今回はどの記事を読んでも絶賛の嵐ですね。
そのシーザリオの仔は、

2007:トゥエルフスナイト(父キングカメハメハ)
2008:ヴァイオラ(父キングカメハメハ)
2010:エピファネイア(父シンボリクリスエス)
2011:ロザリンド(シンボリクリスエス)
2012:クローディオ(父ハービンジャー)
2013:リオンディーズ(父キングカメハメハ)
2014:グローブシアター(父キングカメハメハ)
2015:シーリア(キングカメハメハ)

となってますが、キングカメハメハに拘り続け走ったのは、
キングカメハメハで唯一1頭走ったリオンディーズと、
シンボリクリスエス産駒のエピファネイアの計2頭。
共通点は共に牡馬という点のみで正直いつ走る馬を出すか全く読めない^^;

個人的な話ですがPOGでクローディオ、リオンディーズ、
シーリアと指名してきましたがリオンディーズが当たるも
朝日杯FSまででクラシック前に離脱しポイントに加算されませんでしたし、
エピファネイアも結果的にG1を勝ったのは菊花賞で
POG的にはポイントを稼いではくれたものの
POG指名には晩成型とも言え不向きな血統と思ってました。

が、2016のサートゥルナーリアがまさかの…
4月にはゲート試験を合格し6月2週目の阪神新馬戦に向け、
早くも動きがみられるとの事。あのシーザリオの仔から
こんな早く始動できる仔が出るのが意外でこれがロードカナロアの血!?
と思ったが、ロードカナロアも活躍は4歳からでしたし
このサートゥルナーリアは何故にここまで早く…育成環境の効果か!?

という事で、幾度もPOGでは裏切られてきたシーザリオの仔だが
関係者から動きは絶賛で弱点はない様なコメントもあり、
今年こそ指名をスルーしようと思ったがやはり気になってしまう私。

父がロードカナロアであれば距離に壁はできそうな気もするし、
絶対的能力があっても脚元の不安はこの血統には付き物と思ってるだけに、
半信半疑ではあるがどんな結果を出すか興味津々でもあります。

多分また指名するだろうな…と思いながらも思い出すクローディオ…
そしてシーリア…指名候補の可能性は高いが果たして結果はいかに!?

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする