【オークス(2018)】カンタービレ、トーセンブレス、マウレア、ランドネの激走は!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末東京競馬場で牝馬3冠の第2戦オークスが開催されますね。
前回は有力処をピックアップしましたが今回は
個人的な気まぐれでピックアップした4頭を検証したいと思います^^;

先ずは、

馬名:カンタービレ(3歳・牝馬)
馬主:石川達絵氏
管理:角居師
父:ディープインパクト
母:シャンロッサ
母父:ガリレオ
鞍上:田辺ジョッキー

前走フラワーCでは鞍上デムーロJで勝利し本番も同ジョッキーと思ってた私。
サトノワルキューレの存在が浮上し鞍上は田辺Jへ乗り替わりとなったが、
個人的に見限れないと思ってる1頭。
石川達絵氏の所有馬で角居師とキセキでG1初勝利をしたコンビ。
どうもこの馬主はモってる気がしてならない。
そして前々からこのブログでも伝えてる「ガリレオ」の血。
国内ではなかなか結果を出せないガリレオの血だが
既にデビュー4戦で重賞勝ちを含む【2200】と魅力たっぷり。
しかしガリレオに対してはまだ半信半疑な私だが…
現時点で予想の候補には残したいと思ってます^^;

続くは、

馬名:トーセンブレス(3歳・牝馬)
馬主:島川氏
管理:加藤師
父:ディープインパクト
母:ブルーミンバー
母父:ファルブラヴ
鞍上:柴田(善)ジョッキー

正直、マイル前後の方がパフォーマンスを発揮できそうな気がしてたし、
むしろNHKマイルCに出走してれば本命にしたい1頭だったが…。
やはり気になるのは距離延長で2000mならともかく、
2400mは厳しいのではないか!?
陣営としては出走できるならオークスに出した方が…という欲がでたかな?
結論は走ってみないとわからないし距離はこなせるかもしれないが、
現段階で最終候補には入れ辛いかな^^;

そして、

馬名:マウレア(3歳・牝馬)
馬主:落合幸弘氏
管理:手塚師
父:ディープインパクト
母:バイザキャット
母父:ストームキャット
鞍上:武(豊)ジョッキー

桜花賞で4番人気に支持され5着と掲示板は確保だが上位との差は大きい…
血統的に距離はあまり気にしてない私ですが、
何より能力的にG1を勝ち切るのは厳しい気がしてます。
鞍上武(豊)Jでも魅力を感じなすぎるので、
現時点で予想の候補には入れない予定でござます^^;

最後に、

馬名:〇外ランドネ(3歳・牝馬)
馬主:合同会社小林栄一ホールディングス
管理:角居師
父:ブレイム
母:Loure
母父:エーピーインディ
鞍上:内田ジョッキー

前走OPのスイートピーSで抽選対象のゴージャスラインや、
1番人気のミュージアムヒルを相手に2番手から押し切り勝利。
クラシックへの登録をしておらず追加登録料を払っての出走、
また鞍上戸崎Jもロサグラウカの先約があり、
内田Jが騎乗と関係者にとっては突然チャンスが巡ってき感じ。
血統的に未知ですがダートで走る気がするも、
芝でも結果を出してるだけに角居師の3頭出しと多頭数出しの
人気薄はこの馬になるかな!?という事で、
現時点で予想の候補には残しておきたい1頭です^^;

さて、今回は勝手にピックアップした4頭ですが、
やはり上位人気の馬が際立ってる感じで何とか一発馬を探したい私です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする