【POG】ハーツクライ産駒から母シルヴァンソング2016となるハーシェルの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

ゴドルフィン所有で密かに気になってる同馬。
父ハーツクライで母シルヴァンソングの2016となる、
ハーシェルを紹介したいと思います。

馬名:ハーシェル(2歳・牡馬)
馬主:ゴドルフィン
管理:藤原師
父:ハーツクライ
母:シルヴァンソング
母父:ストリートクライ

どうもまだ注目されてない!?様だが、
この血統と預託先藤原師などから個人的に
密かに期待してるのだが…^^;

フランスでG3を2勝してる母シルヴァンソングですが、
兄弟にも米でG1勝ちと活躍馬がいる血統です。
その母シルヴァンソングからは、

馬名:シルヴァーヌス(牡馬)
戦績:3戦0勝
管理:西浦師
父:バーナーディニ

昨年デビューしましたがダートで3戦し非常に厳しい結果の3戦0勝。
父のバーナーディニから日本の馬場は不向き!?というくらい、
新馬戦2.8秒差(ダ1200m)、2戦目1.9秒差(ダ1400m)、
3戦目2.1秒差(ダ1700m)と距離を伸ばしていっても
勝ち馬との差は大きく大敗続き…
今後はどの様に使っていくのか気にはなりますが、
ちょっと日本の馬場では厳しいのかな?

続く、2016のハーシェルはハーツクライとなり
コチラは種牡馬からも断然興味津々。
情報が少なすぎるがまだゲート試験中?の様ですね。
早ければ札幌の開催後半でデビューされるかもしれませんが、
再放牧する可能性の方が高そうな感じ。

昨年G1を勝利したあのゴドルフィンの所有馬だけに侮れないはず。
鞍上もデビューもまだ未定ですが、
密かにどんな結果を出してくるか興味津々の1頭です。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする