【POG】ロードカナロア産駒で母セレブラールの2016となるイベリスの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

ノースヒルズからスプリント重賞で5勝も挙げたベルカントの半妹となる、
ロードカナロア産駒で母セレブラールの2016のイベリスを紹介したいと思います。

馬名:イベリス(2歳・牝馬)
馬主:ノースヒルズ
管理:角田師
父:ロードカナロア
母:セレブラール
母父:ボストンハーバー
出走予定日:2018年9月9日(日) 阪神 芝1400m
鞍上予定:未定

母のセレブラールは38戦3勝で大きな活躍はできず4歳1000万下の身で2009年に引退、
繁殖へと上がりました。その後の仔は、

2011:ベルカント(父サクラバクシンオー/牝馬)
2014:アットザトップ(父デュランダル/セ馬)
2015:エヴァイエ(父ロードカナロア/牝馬)

の3頭となってます。が、何といっても初仔のベルカントがいきなりの大活躍。
ファンタジーS(G3)を皮切りにフィリーズレビュー(G2)が2013年、
クラシックの年となる2014年は1勝もできず終わったかに思えましたが、
2015年にアイビスサマーダッシュ(G3)、北九州記念(G3)の2勝、
そして2016年にはアイビスサマーダッシュ(G3)を連覇し重賞5勝馬を出しました。

しかし2012、2013産は色々とありデビューまで至らず…、
そして2014のアットザトップは14戦2勝で今や障害OPを走ってますまだまだ。
更に2015のエヴァイエは3歳未勝利を勝ったばかりの3戦1勝馬で未知の状況。
2016のイベリスとは同じロードカナロアを父に持ちこの適性は、
今後イベリスの適性に役立ちそうではありますね。
因みに私が興味深々なのはセレブラールの2017(馬名:エレヴァート?)ですね。
何と言っても父が日本ダービー馬となったキズナで馬主の前田氏としては
非常に期待したくなる配合でしょうし、距離も1600~2000m程度まではいければ
レースの幅もかなり広がります。

はい、話はイベリスに戻して調教はかなり良さげでデビューは阪神の開幕週の牝馬限定戦、
芝1400mへ出走予定となってますが鞍上はまだ未定です。
ピッチ走法でスピードもある様でやはりスプリント血統ってかんじでしょうか。
現状で同レースへ出走のライバルはわかりませんがデビューした仔の3頭は、
すべて1番人気に支持され2頭が新馬勝ち。
この馬も1番人気になりそうな血統背景ですがどんな結果を出してくるか非常に楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする