日本ダービー馬となったワグネリアンの母ミスアンコールが骨折し安楽死へ…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

非常に残念なニュースですが先日北海道で起きた震度6強の地震の後、
ノーザンファームで管理されていたミスアンコールが左脚の骨折が判明し
地震の影響か安楽死となった様ですね…
ノーザンファームでは唯一の震災で被害!?馬という事ですが、
本当に不運としか言いようがなく残念です。

馬名:ミスアンコール(牝)
戦績:9戦1勝
馬主:金子真人ホールディングス
父:キングカメハメハ
母:ブロードアピール
母父:ブロードブラッシュ

は、決して自身が活躍してはいませんが母がダートで鬼脚を持つブロードアピールに、
父がキングカメハメハと金子ブランドが詰まった1頭でした。
その後、血統背景から繁殖牝馬となったミスアンコールから今年の日本ダービー馬となった、

馬名:ワグネリアン(3歳・牡馬)
戦績:6戦4勝
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
G1勝利:日本ダービー(2018年)

が出たばかりで、今後も更なる期待をされてた矢先にこの悲劇。。。
その母ミスアンコールからは、

2012:テンダリーヴォイス(父ディープインパクト/牝馬)
2013:ハマヒルガオ(父クロフネ/牝馬)
2014:ミンネザング(父ディープインパクト/牝馬)
2015:ワグネリアン

初仔のテンダリーヴォイスはアネモネS(OP)勝ちでフェアリーS3着馬の実績もあり、
その他デビューした3頭は全て勝ち上がりという中でようやく、
今年ワグネリアンが福永Jと共に悲願の日本ダービー制覇となりました。
秋以降も更なる活躍が期待されてただけに母ミスアンコールの死は非常に惜しまれます。

ただ、2016産となる今年デビュー予定の、

馬名:カントル(2歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:藤原師
父:ディープインパクト
母:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ

もいます。そして、2017(父ディープインパクト/牝馬)産も控えております。
娘達はレースもそうだが繁殖として、息子達もレースに種牡馬としても
血を残して行ける様な活躍馬を期待したいところですね!

本当に残念ですが、お疲れ様でした。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする