【POG】ゴールドアリュール産駒で母クリソプレーズの2016となるクリソベリルの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末はミュージカルウェイの2016となるオーロトラジェや
このブログでも紹介したフサイチエアデールの2016となるビーチサンバ、
そしてロベルタの2016となるフランクリン等々気になる良血馬がデビュー予定。

そんな中、ゴールドアリュール産駒で母クリソプレーズの2016となるクリソベリルもデビュー予定。半姉には宝塚記念やエリザベス女王杯のG1を2勝したマリアライト、
半兄にも神戸新聞杯を制したリアファルなどがいる血統で非常に楽しみですね。

馬名:クリソベリル(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:音無師
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
出走予定日:2018年9月17日(月) 阪神 ダ1800m
鞍上予定:川田ジョッキー

母のクリソプレーズは全戦芝でしたが23戦3勝と活躍ができず、
1000万下の身で引退し繁殖に上がりました。
個人的に好きなエルコンドルパサーを父に持ちながら活躍しきれなかったのは残念でしたが、
母父になってG1馬までも輩出した事が非常に嬉しい。

その仔ですが、

2009:フォルトファーレン(父ディープインパクト/牡馬)
32戦2勝馬ながら上りの脚もあり2着5回、3着4回とそこそこ堅実な馬でした。

2011:クリソライト(父ゴールドアリュール/牡馬)
今回のクリソベリルと同配合になりますが中央での重賞勝利はありませんでしたが、
大井競馬のジャパンダートダービー、そしてコリアCのG1・2勝、
そして日本テレビ盃、ダイオライト記念3連覇をするなど活躍をしました。

2010:マリアライト(父ディープインパクト/牝馬)
戦績は20戦6勝馬ですが中央の重賞勝ちがないままG1のエリザベス女王杯と宝塚記念を制し、
現在は繁殖牝馬となりましたが個人的に馬券でお世話になったのは忘れられない^^;

2012:リアファル(父ゼンノロブロイ/牝馬)
現在16戦4勝でデビューが遅かったが神戸新聞杯を制し菊花賞では3着の見せ場を作りました。
現在はなかなか勝ち切れないが現在も現役で頑張ってますね。

2013:アルマンディン(父ステイゴールド/牝馬)
戦績が5戦0勝で登録抹消となってしまいましたが今はノーザンファームで?
繁殖牝馬となってる様でクロフネ(牝)が誕生してる様です。

2015:エリスライト(ディープインパクト/牝馬)
全2戦1勝で私もPOGで指名した程期待をしてましたが新馬戦勝ち後の2戦目フリージア賞で、
4着になった後に骨折が判明で長期離脱を余儀なくされました。
その当時の勝ち馬ギベオンや3着馬ブレステイキングが空いてだっただけに能力を感じてましたが
骨折がなければ…と思う走りではありました。

そんなこんなで、この母クリソプレーズからはほぼほぼどの父からでも
確率が高く好走馬が出てる事が素晴らしい。
この2016のクリソベリルはクリソライトと同配合でダートでの活躍が見込めそうです。
鞍上はファインニードルで存在感をアピールした川田Jとなり非常に楽しみ。

初戦はゴールドアリュール産駒だけに無難に!?ダート1800mとなりますが、
どんな結果を出すか楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする