【POG】ルーラーシップ産駒で母アンフィルージュの2016となるヴァンケドミンゴの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

昨年の芙蓉S勝ちで今年の皐月賞2着となったサンリヴァルの全弟となりますが、
父は引き続きルーラーシップで母はアンフィルージュの2016となるヴァンケドミンゴを紹介したいと思います。

馬名:ヴァンケドミンゴ(2歳・牡馬)
馬主:幅田昌伸
管理:藤岡(健)師
父:ルーラーシップ
母:アンフィルージュ
母父:アグネスタキオン

母のアンフィルージュはかなり堅実な馬でしたが通算14戦3勝ですが2着4回、3着1回と
1200mにて勝ち馬と差のない競馬をしていましたが1000万下で勝ち上がれずそのまま引退。
母の母はオークスを制したウメノファイバーだけに仔に託された感じですね。
その仔ですがまだ2頭ながら、

2014:ハグ(エンパイアメーカー/牡馬)
初仔のハグは中央デビューでデビューが遅く初戦は3歳未勝利戦となり12着に敗れ登録抹消。
残念ですがどうにもならない状況でした。

2015:サンリヴァル(ルーラーシップ/牡馬)
そして2番仔のサンリヴァルは記憶に新しいデビュー2連勝を飾り、
G1ホープフルSで4着、皐月賞のTRとなるや弥生賞で勝ち馬ダノンプレミアムに0.3秒差の4着。続く皐月賞では9番人気ながら稍重を生かした激走で2着と大馬券を演出しました。
続く日本ダービーが13着と大敗を喫しましたが骨折と繋靱帯炎を発症し現在休養中…
まだまだ見限れない能力ですがTRに出れないとなると残念ながら菊花賞は間に合わなそうですね。

そんな兄弟の中で2016となる全弟のヴァンケドミンゴがデビューを目指します。
9月上旬に入厩し調教もこなされてる感じですね。
サンリヴァルよりも馬っぷりは良いようですし馬体も500キロ近くで恵まれてるだけに
今度こそこの馬でクラシックを!という藤岡(健)師の意気込みが何か伝わってきます。
この血統は2000m以上はあった方が良い様な気がするのですが…

デビューはどの距離を使ってくるか気になるところです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする