【POG】ロードカナロア産駒で母エリンコートの2016となるクルージーンの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末も良血馬がデビューを迎えますが個人的に気になるのは、
ロードカナロア産駒で母がオークス馬となったエリンコートの2016となる
クルージーンを紹介したいと思います。

馬名:クルージーン(2歳・牡馬)
馬主:社台レースホース
管理:藤岡(健)師
父:ロードカナロア
母:エリンコート
母父:デュランダル
デビュー予定日:2018年10月14日(日) 京都 芝2000m
鞍上予定:藤岡(佑)ジョッキー

母のエリンコートですが個人的に思い入れのある馬。
私が好きだった後藤ジョッキーがG1のオークスを制してくれたのはホント嬉しかった。
何せ父がデュランダルながら2400mをこなしたのも個人的には驚きでした。
その後は燃え尽きたのか重賞戦で見せ場もなく通算18戦4勝で引退繁殖に上がりましたが
価値ある1勝と今でも思ってます。

そのエリンコートの仔ですが、

2014:エリンソード(ルーラーシップ/牡馬)
初仔の同馬はルーラーシップ産駒。中央で12戦し2歳未勝利で1勝後は
園田競馬で現役生活を続けており現在通算17戦1勝と勝ち切れずも善戦してます。

2015:エリンズロマーネ(ノヴェリスト/牝馬)
2番仔の同馬は父がノヴェリストに替わりましたが中央デビューで通算6戦1勝。
3歳未勝利を勝ち上がるまでに5戦を要してますがどうも結果が出せない状況。

そんな中、2016のクルージーンは父がロードカナロアと
母父デュランダルとの短距離配合であればマイルまでなら…と密かに期待したくなる。
また、鞍上は藤岡(佑)Jとの事でエリコートのデビュー戦(3着)も乗りましたし、
そこは心配しておりませんが、まさかのデビュー戦は2000mですか!?
果たしてこれが吉と出るか!?走ってみないとわからないですからね。

しかし、このレースですがこの週のデビュー馬で個人的には目玉と思っている、
良血馬で高額落札馬のライバルがいますね…

馬名:ダノンテイオー(2歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:大久保(龍)師
落札額:1億8,000万円(セレクトセール)
父:ディープインパクト
母:セリメーヌ
母父ドクターフォング
鞍上予定:未定

母のセリメーヌはフランスのG3を2勝している様ですし父がディープインパクトとなれば驚異。ただ鞍上が未だに決まってない!?様だが果たして出走してくるのだろうか?
何れにせよ出てくればクルージーンの強敵となるのは間違いなしでしょう。

個人的にもエリンコートの仔もそろそろ活躍馬が出てきてほしいところ。
この新馬戦でどんな結果を出すか非常に楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする