【ジャパンカップ2018】日本ダービー馬のマカヒキが疲労で回避へ

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は祭典ジャパンカップ(G1)が東京競馬場で開催されますが、
そんな中で2016年の日本ダービー馬で前走天皇賞・秋(G1)で3番人気に支持された
マカヒキが疲労が抜けず回避が決まった様ですね。

馬名:マカヒキ(5歳・牡馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:ウィキウィキ
母父:フレンチデピュティ
鞍上予定:武(豊)ジョッキー

これは非常に残念ですね。
日本ダービー馬になった以降、前哨戦のニエル賞までは思惑通りだったかもしれないが、
凱旋門賞で1番人気に支持されるも14着の大敗から2017年は結果的に1勝も出来ず、
今年2018年も前半戦は休養に当てこの秋競馬で…と復帰戦の札幌記念(G2)では、
1番人気に支持され2着と復活を思わせる走りから前走の天皇賞・秋(G1)で3番人気まで支持されるも結果は7着とレイデオロに0.9秒も離されてしまいました。
後方追走で脚が残ってると思ったが思ったより伸びずは既にこの時点で疲れがあったのかもしれませんね。

何れにせよこれでマカヒキが回避、そして同レースで走ったミッキーロケットは筋肉痛で回避、ワグネリアンも回避しこの3頭がいるのといないのではG1のメンバーがG2に感じてきますが、馬優先だけに無理強いはできないのも事実ですね。

今後は有馬記念に向け調整される様ですが、弥生賞を勝って皐月賞2着の舞台。
強烈なメンバー相手に距離さえこなせれば一発もあって良いかも!?
しっかり立て直して元気な姿で出走してきてほしいですね。

また、鞍上武(豊)Jがこれで空くという事ですが他の馬に騎乗とかあるかな?
ジョッキーが決まってない中ではサトノダイヤモンドとのサトノ2頭出しの人気薄、
サトノクラウンがいますがひょっとしたら武(豊)J騎乗もある!?
個人的には回避かな?と思ってますが、出走するなら外国人Jもいいが
ファンの多い武(豊)Jを乗せてもらいたいものですがどうなるかな?

今年のジャパンカップ(G1)はアーモンドアイの断然人気で強いというのは理解できるが、
今まで競馬では色んなドラマを見てきました。穴党としては少しでも波乱が起きてくれると有難いが…

果たして当日はどんな結果になるか楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする