【天皇賞・秋 2019】アーモンドアイ、サートゥルナーリア、ウインブライト、スワーヴリチャードは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、超がつく好メンバーの天皇賞・秋(G1)が東京競馬場で開催されます。個人的に興味があるのは、アーモンドアイVSサートゥルナーリアでしょうか。3歳馬サートゥルナーリアが女傑アーモンドアイとどんな対決になるのか興味津々な反面、波乱度が低い!?…と思ってしまう私もいます。果たしてどうなるでしょうか?そんな中で勝手ながら数頭を検証してみたいと思います。

先ずは、

馬名:アーモンドアイ(4歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:国枝師
父:ロードカナロア
母:フサイチパンドラ
母父:サンデーサイレンス
鞍上予定:ルメールジョッキー

文句なしの実績ですが牝馬クラシック3冠全てを圧巻の強さで勝ち、挙げ句の果てに3歳でジャパンカップまでをも制したました。そして海外のドバイデューティーフリーを快勝し7連勝でG1・5勝の女傑。前走初のマイルで3着と負けはしたもののふりを跳ね除けて且つ最速の上がりで3着は負けて強し。さすがに東京2000mとなれば絶好の舞台でしょうし、鞍上ルメールJもここは自信を持って騎乗でしょう。素直に予想の候補には入れたいと思っております^^;

続いては、

馬名:サートゥルナーリア(3歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:角居師
父:ロードカナロア
母:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
鞍上予定:スミヨンジョッキー

デビュー3連勝でG1ホープフルSを制し、4連勝目でクラシックの皐月賞を制しG1・2勝馬。日本ダービーでは結果的に4着と破れたものの、前走神戸新聞杯では同世代トップクラスのヴェロックスを相手に、勝負付けが済んだと感じた0.5秒差をつける勝利。陣営は権利がある菊花賞には目もくれず、この天皇賞・秋へ。主戦のルメールJはアーモンドアイという事で、任されたのはスミヨンJとあの暴れん坊エピファネイアを折り合わせて強い競馬でJCを勝たせた手腕の持ち主。東京2000mも得意舞台でしょうし、前目の競馬から押し切る形で最速の上がりが使えれば…現時点で予想に入れる候補の1頭です^^;

そして、私の穴馬として現時点で気になってる馬はコチラ
人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

それから、

馬名:ウインブライト(5歳・牡馬)
馬主:ウイン
管理:畠山師
父:ステイゴールド
母:サマーエタニティ
母父:アドマイヤコジーン
鞍上予定:松岡ジョッキー

2走前に海外G1のQ2世Cを制したが前走が得意の中山オールカマーで2番人気に支持されるもよもやの9着。勝ち馬と1.5秒差はさすがに負け過ぎな感はするし、東京は…とも思うが3走前の中山記念では、海外G1勝ちのディアドラやステルヴィオ、スワーヴリチャードやエポカドーロ、ラッキーライラック等を撃破した力の持ち主。不得手な東京とはいえまだ見限るのは早いと思っており、現時点では穴馬として予想の候補に残しておこうと思います^^:

最後に、

馬名:スワーヴリチャード(5歳・牡馬)
馬主:NICKS
管理:庄野師
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:アンブライドルズソング
鞍上:横山(典)ジョッキー

昨年G1の大阪杯を制していこう、勝ち星はないが安田記念、ドバイシーマクラシック、宝塚記念のG1で3着3回と意地はみせているものの、ハーツクライの晩成型がここへきてあまり感じれないのは気の所為!?また、今までを凌ぐ強力ライバル馬が増えただけに…昨年の大敗は不利で度外視といえどもさすがに3着も厳しいか!?個人的には悩みどころではあるが、鞍上横山(典)Jの読めない騎乗も気になるところだが現時点では切る方向で考えています^^;

という事で勝手ながら検証してみましたが、秋華賞の的中から菊花賞は無念の敗北。今回はアーモンドアイとサートゥルナーリアがいるだけに…ですが、高配当の予想をしつつ、堅く収まったら仕方ないという予想をしたいと思ってます。

どんな結果になるのか楽しみですね!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

  • うまとみらいと 本命党も穴党も必ず満足できる

    どんな予想スタイルにも完全対応。
    競馬予想に必要なものはココに全てあります
    毎週平均200名以上がプラス収支を達成している

競馬ニュース
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました