【POG】パイロ産駒で母ピクシープリンセスの2017となるサラマンドラの3歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母は1000万下を勝った身ながら牝馬限定G1で3着となり、最速の上がりでアッと言わせた事が懐かしく感じる私です。父はパイロで母ピクシープリンセスの2017となる、サラマンドラを紹介したいと思います。

馬名:サラマンドラ(3歳・牝馬)
馬主:ゴドルフィン
管理:古賀師
父:パイロ
母:ピクシープリンセス
母父:ディープインパクト
デビュー予定日:2020年3月1日(日) 中山 ダ1200m
鞍上予定:???

父はパイロと、この世代は新馬勝ち、未勝利勝ち馬がいるもののなかなかその後の活躍…とまでは
いってない状況かな?。ただ、□地のグリーンロードが現在6戦5勝で川崎ジュニアOP(OP)や、ニューイヤーC(G)を勝っております。また□地のゴールドビターも7戦4勝ではハイセイコー記念競争(G)を勝っており共に地方馬ダートながら今後が楽しみ。そして強いていうなら中央馬では…ゴドルフィン所有のロンゴノットが、新馬勝ち、そして1勝クラスを勝ち先週のヒヤシンスS(L)で4着となったものの…やはり個人的には大舞台での活躍には力不足感が否めないと思ってます。。。古馬で代表産駒だったクインズサターンが引退し、デルマルーヴルが先週フェブラリーSに出走し良い結果が出せませんでしたが、現時点では代表産駒となりそうですしパイロ産駒として今後の活躍を期待したいと思っています。

そして母のピクシープリンセスはディープインパクト産駒でマイルの新馬戦14着の大敗後に距離を延ばし、以降2000m以上を主戦場となったら安定した戦績を残し、OPや重賞勝利はないものG1エリザベス女王杯で3着の好走。その後も安定した結果は残すものの勝ちきれず、通算16戦3勝で引退し繁殖牝馬へと上がりました。で、繁殖生活ですが2015(父シャマルダル/牝馬)、そして2016(父エンパイアメーカー/牝馬)が共に厳しい状況の中、パイロを配合されたサラマンドラが中山ダート1200mでデビューを迎えようとしていましたが、先週の新馬戦に続き今週の新馬戦も除外というこの時期の登録数が半端ないのは致し方ないが、うーん…残念ですね。

預託先は古賀師と、過去にはサンテミリオンをオークスで1着同着ながらG1馬に導いた師。昨年重賞を勝ったワンブレスアウェイが引退した今、現状では活躍馬が欲しいところ。調教は至って普通という感じでしたが、次はどの番組になるか現状では未定です。この馬はそこまで注目もされてなさそうですが、馬主は2020年のスタートダッシュとなっているゴドルフィン。ひょっとしたらひょっとして大駆けの可能性も!?、穴党としては興味のある1頭で楽しみにはしてはいますが…^^;

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました