【POG】フランケル産駒で母ファイネストシティの2019となるダノンアーリーの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

馬主×調教師=ダノンスマッシュに続くか!?。父はフランケルで母ファイネストシティの2019となるダノンアーリーをご紹介したいと思います。

ダノンアーリーのプロフィール

馬名:ダノンアーリー(2歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:安田(隆)師
生産:ノーザンファーム
落札額:1億円(セレクトセール2019)
父:フランケル
母:ファイネストシティ
母父:シティジップ
デビュー予定日:2021年8日22(日) 小倉 芝1200m
鞍上予定:斎藤(新)ジョッキー

少数精鋭も良血馬多数

父はフランケルとなり先週の2019世代では、新馬戦及び未勝利戦への出走馬は1頭もありませんでした。またこの世代では僅か6頭の登録となっており、デビューしたのはショウナンハクラクだけで新馬戦4着。ヌーヴォレコルトの2番仔でドンナセレーノやソウルスターリングの全妹スタニングスター等が控えています。日本馬場での適正は証明済みですし、昨年2018世代ではグレナディアガーズが朝日杯FSを勝ち。この世代でもG1馬が出てくるか楽しみな種牡馬です。

仔は続々高額落札…

母はファイネストシティとなり、アメリカ産のシティジップ産駒ですね。現役時は、ダートが主戦場でしたがBCフィリー&メアスプリントのG1を制し、サンタモニカSとグレイトレイディエムSのG2を2勝しております。その他にもヒューマナディスタフSやサンタマルガリータのG1を共に2着と惜しい競馬をしましたが、通算20戦5勝で引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、この2019世代が初仔となります。因みに2番仔の2020はロードカナロアを配合されてますが、あの“ウマ娘”でお馴染みサイバーエージェントの藤田晋氏が、1歳セールにて3億円の高額で落札したのは記憶に新しいところ。更に2021はレイデオロを配合されておりダノックスが1億5,000万円で落札されておりますので血統的にも注目度合いがわかりますね。

鞍上が!?、ダノンスマッシュのコンビで初戦から期待

そんな中、フランケルを配合された初仔のダノンアーリーが今週末デビュー予定となっております。馬主はセールにて1億円で落札したダノックス、預託先は安田(隆)師との事で現役でG1・2勝ダノンスマッシュのコンビですね。また、デビュー戦は日曜小倉の芝1200mで鞍上は斎藤(新)Jとの事。個人的にてっきり川田Jと思いきや、先約かどうかは定かでないが札幌にてコチラも魅力のレッドランメルトに騎乗との事。陣営の期待度は!?とやや個人的には半信半疑になるが…調教から斎藤(新)J自ら数多く騎乗し『能力は抜けている』と言ったコメントもあり、癖は掴んでるはず。先々鞍上の乗り替わるかもだが、先ずは新馬勝ちというところで結果を出してほしいところ。相手関係にデヴィルズマーブルやジャングロと◯外2頭がライバルになるでしょうか?、早い時期に活躍する確率的が高いフランケル産駒、初戦から期待している私です。

タイトルとURLをコピーしました