2020年 大阪杯(G1) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

競馬ニュース競馬ニュース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

4月5日(日)には阪神競馬場で大阪杯(G1)が開催予定となっています。まさかの有力馬の1頭ヴェロックスが脚部不安で回避に、穴っぽさを感じていたクレッシェンドラヴも回避で頭数が12頭!?と、コロナの影響もあるのか寂しい頭数で残念ですね。馬質が良いだけに大波乱は厳しそうだが、高配当を期待したい私です。それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

≪ 阪神競馬場 大阪杯(G1) 芝2000メートル ≫

ダノンキングリー:父ディープインパクト×母父ストームキャット 横山(典)J

ラッキーライラック:父オルフェーヴル×母父フラワーアレイ デムーロJ

クロノジェネシス:父バゴ×母父クロフネ 北村(友)J

ブラストワンピース:父ハービンジャー×母父キングカメハメハ 川田J

ステイフーリッシュ:父ステイゴールド×母父キングカメハメハ 岩田J

ワグネリアン:父ディープインパクト×母父キングカメハメハ 福永J

カデナ:父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ 鮫島(克)J

サトノソルタス:父ディープインパクト×母父ペションヴィル 藤岡(康)J

ロードマイウェイ:父ジャスタウェイ×母父ジャングルポケット 武(豊)J

ジナンボー:父ディープインパクト×母父キングカメハメハ 藤岡(祐)J

マカヒキ:父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ ヒューイットソンJ

レッドジェニアル:父キングカメハメハ×母父マンハッタンカフェ 酒井J

こんな感じでしょうか。

1番人気は前走中山記念(G2)で圧巻の強さを魅せ勢いのある横山(典)J騎乗のダノンキングリーか、凱旋門賞からの遠征帰り初戦AJCC(G2)で結果を出した川田J騎乗のブラストワンピースのどちらかでしょうか。前者の方が安定感はありそうですし、昨年毎日王冠を勝った後天皇賞・秋(G1)に向かうと思いきや、同馬主のダノンプレミアムとの使い分け!?でマイルCS(G1)で初めて馬券圏外の5着となったが、個人的にはやはり2000m前後が合いそうな印象でチャンスと思います。また、ブラストワンピースも昨年の札幌記念で骨っぽいメンバーをきっちり差し切った辺りは有力でしょうね。

その後は、牡馬混合戦の京都記念(G2)で2着に2馬身1/2差をもつけた北村(友)J騎乗のクロノジェネシス、更にエリザベス女王杯(G1)でG1・2勝目を飾り、香港ヴァーズ、そして前走中山記念で2着となっらデムーロJ騎乗のラッキーライラック、更に前走ジャパンカップ(G1)3着以来のレースとなるが日本ダービー(G1)を勝ちの福永J騎乗ワグネリアンあたりが上位人気になりそうですね。

その他には、穴人気的なのは5連勝の離れ業で重賞制覇から金鯱賞へ居どっ見出遅れで10着に敗れた武(豊)J騎乗のロードマイウェイ、金鯱賞(G2)であの勝ち馬サートゥルナーリアに0.3秒差の2着となった藤岡(康)J騎乗のサトノソルタス、京都新聞杯で後の日本ダービー馬ロジャーバローズを最速の上がりで差し切ったレッドジェニアルでしょうか。

個人的にはこの頭数なら3頭は決めていますが、人気馬のどれを切るか悩みどころです。今年の大阪杯(G1)はどんな結果になるのか本当に楽しみです!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

競馬ニュース
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました