【日本ダービー 2020】ヴァルコス、ガロアクリーク、ディープボンド等は!?

G1レース G1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は3歳牡馬頂点を決める日本ダービー(G1)が東京競馬場で開催されます。コントレイルやサリオス、そしてワーケア等などが有力視されてる中、何とか穴を開けてくれそうな馬がいるのか!?と、穴党の私は探す事になるのですが…何か見つけたい。という事で、複数頭を勝手ながら検証したいと思います。

先ずは、

馬名:ヴァルコス(3歳・牡馬)
馬主:佐々木主浩氏
管理:友道師
父:ノヴェリスト
母:ランズエッジ
母父:ダンスインザダーク
鞍上予定:三浦(皇)ジョッキー

クラシック第一弾の皐月賞(G1)へは間に合わずとも、前走の青葉賞(G2)で2着と権利を取り日本ダービーへの出走をGET。佐々木主浩氏の馬運は半端なく良いし、きっちりダービー出走へ漕ぎ着ける辺りは素晴らしい眼力ですね。そして全6戦で全て上がり3位以内でコース経験も加味され、どのポジションからでも競馬ができる強み、2400mを3戦連続となるが、前走+2キロと充実してれば3戦目もそこまで心配がなさそう、更に皐月ではない別路線組として色々と魅力があるかもしれない。が、個人的には闘ってきた相手が…というのと、ノヴェリスト産駒というのが気がかり。現時点では馬券圏内の可能性があるにしても予想からは外す予定の私です^^;

続いては、

馬名:ガロアクリーク(3歳・牡馬)
馬主:水上行雄
管理:上原師
父:キンシャサノキセキ
母:ゴールドレリック
母父:キングマンボ
鞍上予定:川田ジョッキー

前走皐月賞(G1)で8番人気を覆す低評価から3着と上位2騎に迫った唯一の馬。ヒューイットソンJの手腕もあったかもしれないが、4着以下も1馬身1/4差をつけウインカーネリアンやサトノフラッグ以下を突き放してるだけに侮れない1頭になるかも!?。ただ、今のところこなせている感じだがキンシャサノキセキ産駒で芝2400m…ピンとこない。が、未知の魅力を持ってはいるのは事実。また鞍上川田Jが桜花賞(G1)であのリアアメリアを4着に持ってきて徐々に…そして我が予想で皐月賞(G1)で的中させてもらった1頭に敬意を評して、現時点では予想の候補に残そうと思っています^^;

そして、

馬名:ディープボンド(3歳・牡馬)
馬主:前田晋二氏
管理:大久保(龍)師
父:キズナ
母:ゼフィランサス
母父:キングヘイロー
鞍上予定:和田ジョッキー

1勝馬の身ながら果敢にTRYした皐月賞(G1)が10着と“らしさ”を出せず敗けてしまった。が、前走京都新聞杯(G2)ではダービーで武(豊)Jでと先約が決まってたアドマイヤビルゴを負かし、日本ダービーへ出走を決めた1戦は良い内容でした。個人的には距離が延びたのと良馬場が良かったのかなと、思ってるがダービーは更に200m延びるのはこの馬にとってはプラスに思える。また鞍上もフェアリーポルカで重賞2勝し、先週のオークスでは人気薄ウインマイティーを3着に持ってきたりと、気づけば馬券圏内にいるという印象が強い今年。という事で現時点では、予想の候補に残しておこうと思う私です^^;

で、現時点で私の穴馬として気になってる馬はコチラ
人気ブログランキング」へ
※皆様、応援クリックをお願いします^^

最後に、

馬名:ヴェルトライゼンデ(3歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:池江師
父:ドリームジャーニー
母:マンデラ
母父:アカテナンゴ
鞍上予定:池添ジョッキー

デビュー2連勝から挑んだホープフルS(G1)で2着と先々非常に興味が湧く1頭だったが…、年明け初戦のスプリングS(G2)で距離が短かったとはいえ当時はよもやのガロアクリークの2着に敗けた。そして前走の皐月賞(G1)では4番人気に支持されるも、8着と全くの見せ場なし。敗因は道中ノメってたのと外枠は影響したかもしれないが敗けすぎ感が否めないのと、初の東京コースも半信半疑でならず。鞍上は強心臓の池添Jは魅力も、現時点では予想の候補には残さないでおこうと思います^^;

という事で勝手ながら4頭をピックアップしてみました。
考えれば考えるほど2騎が…と、競馬に絶対はないだけに穴党の出番があるのを願うばかりですwww。

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

G1レース
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました