【天皇賞・春(G1) 2021】ワールドプレミア、オーソリティ等も虎視眈々と…そして穴馬は!?

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は長距離G1の天皇賞・春(G1)が開催されます。例年に比べ好メンバーが揃った印象で人気もやや割れ気味になるでしょうか。昨日の“ピックアップ馬”は最上位人気になりそうですが、今回の馬達も力はありそうなだけに勝手ながらピックアップ馬+穴馬らしき馬を第2弾として検証したいと思います。

天皇賞・春/2021 ピックアップ馬 Part2

菊花賞の再現となるか!?

馬名:ワールドプレミア(5歳・牡馬)
馬主:大塚亮一氏
管理:友道師
父:ディープインパクト
母:マンデラ
母父:アカテナンゴ
鞍上予定:福永ジョッキー

体質が弱く思うように使えないながらも、菊花賞(G1)を制し全10戦で掲示板を外したのは最強メンバーの揃った昨年のジャパンC(6着)のみという堅実さ。そして今年初戦の日経賞(G2)では57キロの斤量を背負い3着と、勝ち馬ウインマリリンとは0.1秒差で4キロ重かった事を考慮すれば逆転も濃厚。距離適性は問題なく、鞍上は福永Jに乗り替わりるがそろそろ復活の狼煙も!?。現時点では予想の候補に残そうと思う私です^^;

ダイヤモンドSからのローテは!?

馬名:オーソリティ(4歳・牡馬)
馬主:シルクレーシング
管理:木村(哲)師
父:オルフェーヴル
母:ロサリンド
母父:シンボリクリスエス
鞍上予定:川田ジョッキー

青葉賞(G2)とアルゼンチン共和国杯(G2)を勝ち、重賞2勝を引っさげ昨年末の有馬記念(G1)に参戦も14着とG1の壁に阻まれた一戦。今年はダイヤモンドS(G3)で始動し、勝ち馬グロンディオーズにタイム差なしのクビ差2着とほぼ巻き返し。そして阪神大賞典を挟まずこのG1への臨戦過程はプラスになりそうな気がしてならないが、ホープフルや有馬記念の負け方が気に入らず…鞍上川田Jが継続騎乗は興味があるんものの、現時点では予想の候補から外す方向の私です^^;

斤量3キロ増が響く!?

馬名:ウインマリリン(3歳・牡馬)
馬主:ウイン
管理:手塚師
父:スクリーンヒーロー
母:コスモチェーロヴ
母父:フサイチペガサス
鞍上予定:横山(武)ジョッキー

フローラSを勝ちオークスで牝馬3冠馬となったデアリングタクトに0.1秒差の2着とあわやを魅せ、秋に飛躍をと思いきや…秋華賞15着は予想外だったが、初古馬対決のエリザベス女王杯で4着は、勝ち馬ラッキーライラックを始め、2着サラキアに3着ラヴズオンリーユーを相手に大健闘。そして今年初戦のAJCCで不良馬場で6着、そして日経賞ではあのカレンブーケドールを破っての重賞2勝目をゲット。鞍上横山(武)Jも勢いがあるのだが、距離はともかく3キロ増の56キロに阪神への輸送もやや気になり…現時点では予想の候補から外す方向で考えてる私です^^;

現時点で私の穴馬で気になる馬はコチラ

現時点の穴馬候補は、
人気ブログランキング」へ
無料予想のメルマガ登録は、
俺の当たる競馬予想メルマガ登録フォーム」へ
※皆様、応援クリックや登録の方を良ければお願いします^^

鞍上が鞍上だけにイングランディーレの再現も!?

馬名:オセアグレイト(5歳・牡馬)
馬主:IHR
管理:菊川師
父:オルフェーヴル
母:ブルーダヌーブ
母父:バーリ
鞍上予定:横山(典)ジョッキー

勝手ながらイングランディーレを思い出してしまうが、鞍上横山(典)Jが更に魅力を引き上げている。スタミナは豊富で鞍上は3600mのステイヤーズS(G2)を自身の手腕で勝たせた横山(典)Jが4戦連続騎乗、距離適性は申し分なく、メンバー的にも鞍上的にも何をしでかすかは半信半疑で、ポツン騎乗さえなければ未知の魅力もあり馬券圏内のチャンスも!?。初の阪神コースだが現時点では予想の候補に残そうと思う私です^^;

という事で、勝手ながら4頭をピックアップしてみました。先週の桜花賞を的中もよもやの3連単は10,000円台でしたが、雨模様が想定されてる皐月賞こど波乱の可能性も!?、期待している私です。

タイトルとURLをコピーしました